待つも相場

 昨年末からの上げ相場も5月末の調整を経て、目下日経平均が1万4千円台で安定して今後が見通しにくくなっています。 こんな時は個人投資家も株を売買しないというスタンスが必要だと思います。 今売って今後上昇に転じれば損になるし、今買って今後下落しても損ということで、上がるか下がるか見通せないときは「待つも相場」で売買を休むほうがよさそうです。 売買しないことも結構忍耐力を要するものですが。
 ただ、来年から譲渡益、配当への課税が20%に上がることや4月からは消費税が8%に増税予定であることを考えると、個人的には年末にかけて下がるのではないかと思うのですが。 さらに来年からNISA(少額投資非課税制度)が始まるため、その準備の換金売りも出るのではないかといわれています。 さて年末にかけてどうなるでしょうか?

過去1年の日経平均
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック