囲碁 星の定石45

  二間高バサミからの両ガカリでは、はさんだ方の白につける形が基本です。 ただし、この形は黒が厚いということで最近はあまり見ないようです。
画像


 前図で白7とノビる変化に対しては黒8に押さえますが、白9に対して注意が必要です。 どう打ちますか?
画像


 すぐにハネると出切られて黒苦しくなりますので、1とツケてからハネます。 図の後、白からはA又はBが、黒からはCの切りが好点です。
画像


 黒がすぐに1とハネると、白に出切られて黒が苦しくなります。
画像


 最初の図は黒が厚いということで、最近は白7とツケる手が打たれることが多く、これに対して黒が8とワリコむとこのように白に走られますので、
画像


 黒は8とオサエてこのようなワカレになるようです。 この後白Aは急ぐ所です。
画像


 ハサミが低いAの場合、黒1から3と切るハメ手まがいの手があります。 白はどう応じますか?
画像


 白5と切って黒6のオサエには、白7、9とハネツギます。 黒が10と切りを防げば、白は11を利かして13とカカエます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック