ファイナンシャル・プランナー 分かりにくい資格

 ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、お客さんに投資や保険や老後の生活設計のアドバイスをする金融機関の社員という、ざっくりとしたイメージを持っていたのですが、よく調べると実に分かりにくい資格、いや資格ともいえない名称のようです。 ファイナンシャル・プランナー自体は、業務独占どころか名称独占でもありません。
 名称独占の資格はこの分野でもいくつかあり、技能検定(国家検定)であるファイナンシャル・プランニング技能士をはじめ、民間の資格(CFP,AFP)がありますが、業務独占ではありません。 したがって、これらの資格を持たない人がファイナンシャル・プランナーを名乗って、ファイナンシャル・プラニングの業務をやることは特に問題はないようです。
 なぜこんなことを調べたかというと、たまたまファイナンシャル・プランニング技能士の試験の中身を見たら、社会保険、公的年金、資産運用、税金、不動産、相続といった老後の生活に直結するものばかりで、ちょっと興味を持ったからでした。 こんな大事なことが勉強できるのなら、いっぱしの個人投資家にとっても取得しがいのある資格ではないかと思ったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック