主要インデックスと投資信託のパフォーマンス

 事実上新年度入りした3月27日時点で、注目している主なインデックスと投資信託について、2012年末以来の上昇率と最近3月の上昇率を調べてみました(表)。 インデックスや投資信託の過去の数値はヤフーファイナンスを使うと分かります。
 主な日本株投資信託について見ると、さわかみファンドは安定したパフォーマンスを出しています。 最近の大型株ブームに押されているとはいえ、ひふみ投信は相変わらず好調です。 JPMザ・ジャパンはひところ素晴らしかったのですが、最近は両者に比べるとかなり見劣りします。 結い2101は相変わらず物足りないパフォーマンスですね。
 上場投資信託について見ると、中国の景気減速が言われますが、上海株式は好調です。 東証REITは上がりすぎではないでしょうか? かなり上昇した米国株式も最近は頭打ちとなっています。 新興国債券、海外債券、海外新興国株式の3本は、他の投資信託と比べるとこのところのパフォーマンスが劣っているようです。 逆に言えばこの3本は買い時かもしれませんね。
 表には載せてはいませんが、自分ファンドは2012年末から見ると、さわかみファンドとひふみ投信には負けているものの、TOPIXは上回って日経平均とほぼ同じ上昇率ですので良しとしなければいけません。 素人がアクティブファンドの上位陣に勝つのは失礼というものでしょう。
 日経平均は2万円を前にやや失速状態ですが、4月以降はどんな動きを見せるのでしょうか? 買うのは怖いけれど、あまり売るのもちゅうちょします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック