国立科学博物館へ「大アマゾン展」を見に行く

 花見がてらに、上野の国立科学博物館へ「大アマゾン展」を見に行きました。 展示のほとんどは剥製か標本で、生きたものはピラニアだけでした。 博物館もうまく考えたもので、ふだんはあまり見てくれない剥製を、アマゾンでまとめて展示することによって、大勢の親子連れを集めることができたわけです。 それなりに楽しめましたが、大ナイル展とか大ボルネオ展とか、いろいろ似た企画ができそうですね。
画像


 アマゾンの小さなサルたち、まるで生きているようです。
画像


 ブラジルではトゥカーノ(Tucano)と呼ばれるオオハシ
画像


 南米の美しい蝶、モルフォ蝶
画像


 アマゾン川流域に生息する世界最大級の淡水魚ピラルクー。 最大級というのは、ほかにもこれくらい大きな淡水魚がいるということですね。
画像


 上野公園の桜も満開でした。 アジア系外国人が多かったのにはびっくり。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック