R&Iファンド大賞 2015

 日経平均がようやく終値で2万円を突破し、明るいムードの株式市場ですが、この明るさはいつまで続くのでしょうか? 東京オリンピックまで続いてほしいのですが、ちょっと無理でしょうか?
 ところで、格付投資情報センター(R&I)が先日発表した「R&Iファンド大賞 2015」の国内株式型部門は、最優秀ファンドがスパークス・新・国際優良日本株ファンド、優秀ファンドがひふみ投信と日興ジャパン高配当株式ファンドでした。 スパークスはノーマークでしたが、モーニングスターで調べてみると、ひふみとは投資方針が異なりグローバルに展開する大企業が投資対象のようで、組込み上位は、キーエンス、日本電産、ミスミグループ、良品計画、ロート製薬、三菱商事、花王などとなっています。
 ヤフーファイナンスでスパークス(青)、ひふみ(赤)、TOPIX(緑)の過去1年のチャートを見ると、確かにスパークスがリードしています。
画像


 ただし、過去5年で見ると、ひふみがややリードしています。
画像


 投資対象は違っても、両者ともとても良いパフォーマンスを示しています。 要は銘柄さえうまく選べば良いパフォーマンスが期待できるということですが、素人にはなかなか難しいことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック