時価総額 バブル期超え

 5月23日(土)の日経新聞によると、東証1部の時価総額は591兆円と、バブル期の水準を約25年ぶりに上回り、過去最高となったそうです。
 バブル期と現在とを比べると、バブル期には8%程度だった外国人の売買シェアが、現在は68%と高まっているため、外国人の動きには要注意なんでしょうね。
 しかしながら、バブル期のPERが62に対し現在は17程度ですから、指標的にはまだ過熱感はないように思います。 書店に株の本が山積するようになったら、これまた要注意なんでしょう。
 世界的な金融緩和を背景に、しばらくは日本株も高値で推移するとすれば、今は長年の塩漬け株を損切りしたり外国株や債券にポートフォリオを組み替える絶好のチャンスのように思います。 そんなわけで個人投資家はこのところ売り越しが続いているようですが、売りすぎて配当が少なくなっても困りますし、さらに株価が上昇しないとも限りませんので、どの程度売るべきかの判断は難しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック