驚きの新国立競技場

 2020年の東京オリンピックに向け建設予定の新国立競技場ですが、建設費がなんと3,000億円を超えるようで、予算の目処も立っていないそうです。
 最近のオリンピックのメインスタジアムはどれも400~800億円らしいのに桁が違うと批判されています。 毎年の維持費も40億円前後と旧国立競技場の約10倍もかかるらしい。 その割には、フィールド面積やスタンド席数は大して増えないという。 突飛なデザインのせいで高額な建築費や維持費がかかるらしい。
 しかも、さんざん批判されているにもかかわらず、このデザインで行くとの方針が変わらないようです。 一体誰がこのデザインを決めて、なぜ決めたのかはっきりせず、方針転換もできないという硬直さ。
 日本の苦しい財政状況のもとでこんな高価な箱物を造るくらいなら、福祉や教育など、ほかに予算を使うべきところはありそうですが? ちょっと恐ろしさを感じたニュースです。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック