主要インデックスと投資信託のパフォーマンス

 このところ世界のマーケットは不安定な動きを見せていますが、本日9月25日現在で主要なインデックスと投資信託の今年の上昇率を調べてみました。 日経平均など日本株のインデックスは2~3%台のプラスを維持しています。 日本株対象の主な投資信託の中では、ひふみ投信の好調さが目立ちます。 さわかみファンドは今年はインデックスに負けており、不調のようです。 さらに不調なのがJPMザ・ジャパンで、ひところの好調さがうそのようです。 銘柄選定の失敗でしょうか? 東証REIT指数も今年はかなり下落しています。
 海外対象の上場投資信託を見ると、株式も債券もすべてマイナスですが、株式、債券とも中国などの新興国対象のものは下落率が大きくなっています。
 現在までの結果を見ると、株式も債券もすでに下落トレンドに入りつつあるように思うのですが、どうなんでしょうか?
 自分ファンドは、今年前半にかなり利益確定したことが幸いし、インデックスを上回るプラスとなっています。 海外の株式や債券がさらに下落するようなら買い増して、ポートフォリオを多少組み替えようかと思います。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック