R&Iファンド大賞2016

 (株)格付投資情報センターが発表した「R&Iファンド大賞2016」の国内株式部門最優秀ファンドは三井住友・げんきシニアライフ・オープン(79311005)でした。 高齢者関連ビジネスと介護関連ビジネスに関連する企業に投資するファンドだそうです。
 ヤフーファイナンスで過去5年間の同ファンド(青)とひふみ投信(赤)とTOPIX(緑)のチャートを見ると、リターンではひふみ投信が上回っているようです。 評価基準が過去10年間のシャープ・レシオということなので、リスクの割にリターンが高かったということでしょう。 シャープ・レシオによる評価は直感的には分かりにくいのですが、長期投資にお勧めのファンドということでしょうか。
 ひふみ投信の好調さは相変わらずですが、日経新聞によると、ひふみ投信は製造業から内需関連のデフレ銘柄に投資対象を移しているようです。 政府日銀のインフレ政策も失敗だったということかもしれません。 インフレにするために金利を下げているのにインフレにならないのでさらに下げるというデフレ(?)スパイラルに入っているのでしょうか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック