65歳超えても働きたい? 平成28年版厚生労働白書

 4日公表された厚生労働白書は、人口高齢化をテーマにしています。 日本の「高齢化率」は2060年には39.9%と、65歳以上の人口がおよそ2.5人に1人になる見通しで、世界に類を見ないスピードで進むそうです。 さらに、人口減少は地方から進みますが、高齢化は大都市圏で早まるようで、今後東京などでは高齢者の生活支援や介護の問題がより一層切実になりそうです。
 また、60歳以上を対象にした調査では65.9%が65歳を超えても仕事がしたいと考えていることから、高齢者の就労意欲の高さを指摘し、「生涯現役社会」の実現が重要だとしています。
 ちょっと待ってよ、65.9%の中には年金だけでは生活できないから65歳を超えても働かざるを得ないと考えている人がだいぶいるのでは? ヨーロッパのように年金制度を充実してもらい、できるだけ早くリタイヤしたいというのが本音ではないのでしょうか? 悲しいかな人口減少で借金財政の日本では、死ぬまで働かせる政策を取らざるを得ないということが今年の厚生労働白書から読み取れるのではないのでしょうか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック