囲碁 星の定石80

 星の定石13の変化形です。 最初の図はアマ高段のネット碁からですが、白はシチョウが悪いにもかかわらず出切ってきました。
画像


 白は1とノビました。 黒は2とオサエこんで白3のハネに4とオサエて、以下このような変化になりましたが、白の勝勢と言えそうです。 黒は4で7に切り込むべきだったようです。
画像


 次の図は、昨年度のNHK杯準決勝で一力遼七段(白)が張栩九段に勝った対局です。
画像


 白が12と押さえ込んで攻め合いになりましたが、白36のツケから42のホウリコミがうまい手で、白の攻め合い勝ちとなりました。 黒11では15から出切っていく方が難しかったようです。 なお、白50はすぐには必要ありませんが、右下隅への侵入を狙って利き筋をなくした手です。 解説の小林覚九段も苦労した対局でした。
画像


 以上のように、この形は変化が多く難解ですので、簡明策は出切られたときに黒4とノビる手です。 以下白9までが予想され、一見隅の白地が大きそうですが、
画像


 星の定石13でも見たように、三々打ち込みからの無条件生きが残っていますので、大したことありません。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック