直島へ

 近年アートの島として有名観光地となった直島へ出かけてみました。 岡山県の宇野港からフェーリーで渡りますが、直島自体は香川県のようです。
 かっては三菱の銅精錬所の島で、豊島に不法投棄された産業廃棄物の処分も行われるなど公害のイメージが強かった直島ですが、最近はベネッセと建築家安藤忠雄の施設がいくつか建設されて、すっかりアートの島として生まれ変わっています。
 直島は、日本よりむしろ海外で有名なようで、外国人観光客が多いのにびっくりしました。 あいにく小雨模様の天気でしたのでバスで回りましたが、本数が限られており、積み残しもあるようなので、電動自転車を借りる方がいいかもしれません。
画像


 地中美術館は安藤忠雄設計のコンクリート打ちっぱなしの建物ですが、中が暗くて迷路のようで戸惑いました。 モネの晩年の睡蓮が5点展示されていましたが、ほかの作家の作品は前衛的なものでした。
画像


 美術館脇の睡蓮の池は見事で、モネが見ていたであろう風景を再現していました。
画像


 ベネッセハウスミュージアムは、ホテルと美術館を融合させたもののようですが、前衛的作品がいくつか展示されていただけでした。
画像


 ANDO MUSEUMは、古民家と打ちっぱなしのコンクリートを合体させた建物ですが、建築に興味がなければピンと来ないかもしれません。
画像


 直島の町並みはこんな感じで、古い建物も整備されています。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック