囲碁 手筋80

 11月12日のNHK杯は芝野虎丸七段(黒)と柳時熏九段(白)の対局でした。 新鋭の芝野七段は、風貌に似合わず厳しい碁を打つようで、この碁も序盤の形成は良くありませんでしたが中盤以降追い上げて、下辺白の死活に絡んだ黒1の切りが決め手になりました。 どうなったでしょうか?
画像


 白は石塔にしぼらた3子をツグことはできません。 白がツゲば黒Aからコウになってしまいます。 実戦はここで白が足りないとみて投了しました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック