年金生活者の確定申告は控除がポイント

 毎年2月は確定申告の時期です。 年金生活者の場合は源泉徴収されている所得税が少ないので、面倒な確定申告をしても返ってくる税金が少ないのでやらないという人もいるかもしれません。 しかし、不動産売却の所得や一般口座での株式渡所得があった人は、確定申告して所得控除を使うことにより節税できるということは知っておくべきです。
 所得控除も何種類もありますが、基礎控除、扶養控除、社会保険控除、それに10万円超の場合の医療費控除くらいは該当する人が多いのではないでしょうか? これらを合わせると100万円を超えることが多いようです。 一方で、200万円程度の年金収入なら120万円を引いて80万円ほどが年金所得となりますので、所得控除が余ってしまいます。 この余った所得控除は、分離課税の不動産や株式の所得の控除に回せることがミソで、その結果所得税を安くする(正しい税額を払う)ことができます。
 所得控除は、総合課税で余ったら分離課税でも使うことができるということは知らない人もいるのではないでしょうか? 私も税務署に教えてもらって初めて知った次第でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック