囲碁 手筋83

 切り込みの手筋はサバキやシノギの場面で使われることが多いようです。 まずは小目の定石60の関連形ですが、黒12までとなったら白はどう打ちますか?
画像


 白1の切り込みが手筋です。 黒2で3のカカエなら、白は2のアテからAくらいで十分です。
画像


 黒1のハネに対して白Aのオサエは、黒Bで白は困ります。 手筋が必要ですが?
画像


 白1の切り込みが手筋で、以下黒A、白Bとなります。
画像


 これは定石形ですが、攻める石の反対側に利かせるために打つ切り込みです。 黒8でAなら白はBに切り込みます。 以下定石書参照。 なお、白1ではCも多く打たれます。
画像


 これも定石形で、白1は大きいヨセですが黒4の切り込みが先手を取る手筋です。 黒4を打たないと白Aで隅の黒石が取られてしまいます。
画像


 この白1は、攻め合いの手数を伸ばす切り込みです。 小目の定石61にも似た切り込みがありました。
画像

 
 これも定石形ですが、シチョウが白良ければ4とハネることができます。 黒が5と切ってきても白AとBのシチョウが見合いです。
1.JPG
 
 そこで、黒1(G2)の切り込みが手筋ですが、白4がまた手筋で黒はうまくいきません。 黒3でAなら白8とオサエることはできませんが、その場合は白も4ではK3に打ってきます。
2.JPG

 隅の攻め合いですが、黒先で切り込みの手筋を使います。
1.JPG

 白2は手筋ですが、黒5の切り込みで手数を伸ばします。 黒7の後、白黒順にA、B、C、D、Bツギ、Eの後、白はFにホウリ込んでセキを狙うしかありません。
2.JPG

 黒先で、隅に手段を求めてください。
1.JPG

 切り込みからコウにすることができます。(黒5はA2)
2.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック