囲碁 小目の定石74

 黒3の二間高バサミに白4のカケからできるこの形は、最近AIやプロが打ち定石化しているようです。 変化が多くて難しいので、ネット碁でのプロやアマ高段の実戦例をあげておきます。 なお、黒が9でD2なら、白は11にハネツいでG4にツケるのが厳しい攻め筋のようです。
画像


 黒にお勧めの一つが、黒1で隅の生きを確保して、黒3とハサミツケてオサエと切りを見合いにする打ち方です。 ただし、左上隅が白の場合、白はF7にカケてシボってくるかもしれないので黒5のオシを先に決めたほうがいいかもしれません。 なお、白は2で12から打って、黒の応手を聞いてくるかもしれません。 また、黒1で12は白に2と下がられてよくありません。
画像
          (黒1はD2)

 黒1、3と隅を固めて黒5と白6の交換の後外勢を築く打ち方もお勧めですが、白6で9にノビられると後の打ち方が難しくなります。 また、黒1を保留して5から右へ二つオシを決めてから左へ出切る打ち方も簡明ですが、下辺に先に回ったほうが優勢になりそうです。 いずれにしろ、この定石では、切り違えた黒二子を右へノビるか上へノビるかが一つのポイントになります。
画像


 前図で黒3まで打った場合、白4のツケにうっかり黒5に引くと白6(又はその一路下)のカケで取られてしまいますので、黒5ではAからのオシを決めてBに出なくてはいけません。
画像


 黒1に対して白2なら、黒はやはり3、5のオシを決めて7から出て行きます(すぐF4を切ると捨てられてしまう。)。 白4ではAと打って黒4のハネを許すことも多いようです(あるいは5にハネ、黒4の切りを交換してからA)。 また、白2では7にコスミツケてG6にコスミ出る打ち方も見かけます。
画像


 これは前図の変化形ですが、黒の実利も白の外勢もなかなかのものです。 もっとも、黒は9と切らずにG7にトンでくるかもしれませんし、白も10で11に頑張ってくるかもしれませんので、変化は複雑です。
2.JPG

 黒1とカケる形も多いです。 白8で12に打っても同じ形のコウになり、白からはG5が、黒からはE7からD8がコウ材です。
画像
画像


 アマ高段のネット碁で、黒がすぐ1に切ってきました(シチョウは白よし)。
画像


 白は応手を間違ったようで、隅がセキになって白は左辺で小さく生きただけになりました。 (黒11は14)
画像


 これもアマ高段のネット碁ですが、黒1のキリに対しては白2のアテから打つのが正解のようです。 黒15のハサミツケからコウになりました。
画像


 黒1のトリからコウになります(黒5はC1、黒13はH1)。 隅はお互い生きていませんが、なかなか取りには行けない形です。
画像


 これもアマ高段のネット碁、黒は17と切りました(黒13はC1)。 白20に対して黒Eなら簡明ですが、黒A以下の進行となりとられ、隅の黒は捨てて辺での戦いに移りました。
画像


 これは私(黒)のネット碁ですが、白は12からのシボリで外勢を築き、黒Aのハネで隅は黒勝ちながら、白の中押し勝ちでした。 黒はE7のオシを早く決めるべきだったようです。
画像


 これはアマ高段のネット碁ですが、アテずに単に白1とツケるのは筋の良さそうな手です。 白17の後、黒白順にAからIまでと、黒は隅を捨てることになりました。
画像


 ちなみに一般的な定石形はこれで、小目の定石37で触れています(黒11では辛くD2もある)。 もっとも、黒も出切らずに左辺へノビれば難解な変化を避けることはできます。
画像


 前図白8で1とノビる打ち方も簡明です。 この後、白Aは黒Bで苦しいので、白C、黒Dからお互いにハネ返す打ち方が定石化しています。 小目の定石46と同じ形です。 なお、黒8、白9の交換をしてから黒6を打つと、白は7でC5に出てくるかもしれませんし、黒4を打たずに6のツケから打つと、白はC3からB5にノゾいてくるかもしれませんので、手順には注意が必要です。(もっとも、白の変化に黒が正しく応じれば悪くはなりませんが)
画像


 これはDeepZEN(白)が三間高バサミして現れた似た形です(白21はF4、白35はH3)。 白15では、16にオサエてからD6から出切る打ち方もあるようです。
画像


 なお、三つ前の定石形では、最近は黒11、13とカラく打つことも多いようです。 途中白12でAなら黒Bです。
1.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック