至上の印象派展 九州国立博物館へ

 九州国立博物館で開催中の「至上の印象派展」に行ってきました。 武器商人として財を成したビュールレが自宅に集めた印象派を中心とする名画は質が高く、美術史を学ぶ上でも優れたコレクションだといわれています。 今回は名画2点は写真撮影可ということで、キヤノンのG7 X Mark IIをぶら下げて出かけました。 通常休館日の月曜日で、雨の降る天気、しかも朝一番でしたので、ゆっくりと名画の数々を堪能できました。
 九州国立博物館ができたのは10年以上前になりますが、今回初めて訪れて、そのユニークなデザインに驚かされました。 しかも立地が、太宰府天満宮のすぐ隣りの山の中なので、天満宮とセットで訪れる人が多いのかもしれません。
画像


画像


 写真撮影可の「可愛いイレーヌ」
画像


 「睡蓮」も写真撮影可です。
画像


 昼食はレストランでカレーをいただきました。
画像


 天満宮から博物館へエスカレーターと歩く歩道で楽に移動できます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック