今年は年末急落の株式市場

 今年の株式市場もあと数日ですが、年末高が多かった最近の傾向と異なり、今年は年末に向かい下落が続いています。 米中貿易戦争、ヨーロッパの政治情勢、FOMCの利上げ状況などの不安から、ダウ(青)、日経平均(赤)とも年初来安値更新となりました。
 さらにひどいのは新興市場で、JASDAQ指数(緑)は1年前から約2割下落、今年のピークからは3割近くも下げました。 個人投資家は相当懐が痛んでいるようです。 自分の保有する新興株を見ても、近年買ったものは評価損のものが多くなりました。 こんな時は損切をしなければならないのでしょうが、なかなか損切りはできないもので、逆に難平買いで傷口を広げる始末です。
 この下落がどこまで続くのかは分かりませんが、日米とも現時点では企業の業績自体は悪くなさそうなので、来年に期待するしかありません。 ただ気がかりなのは、日本の場合はマイナス金利の日銀に市場悪化への対応策があるかどうかですが。
画像

       (チャートはヤフーファイナンスより)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック