囲碁 辺の死活23

 官子譜は玄々碁経と並ぶ中国の古典棋書で、原本は問題数も多く、誤りもあるそうなので、高木祥一九段の新書版がおすすめです。 その中から、白先黒死の問題です。
画像


 白1、3の後、黒A、白Bまでで黒死、というのが原本のようですが、
画像


 白1に対して、黒2、4から6の切りで生きることができるので、前図が成立するにはA付近に白石が必要とのことです。
画像


 これは、白先で攻め合いに勝つ問題です。 ヒントは両バネ一手伸びです。
画像


 白1と切って、5、7と二段バネし、この後AにアテてBのゲタで攻め合い勝ちです。
画像


 これは、白先で黒の一部をもぎ取る問題です。 ヒントはダメ詰まりを利用した両ウッテガエシです。
画像


 黒1を切って3を切るのが必然の手順です。 なお、黒2で7からアテれば白5です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック