自筆証書遺言の新制度

 相続関係の法令改正が行われており、遺言についても大きな制度改正があるようです。 遺言には自筆証書遺言と公正証書遺言があり、自筆証書遺言は遺言者が自書し押印するもので、公正証書遺言は、遺言者が公証役場に出向き、手数料を払って、2名以上の証人の立会いのもと公証人に作成してもらうものです。 自筆証書遺言は誰でもすぐに作成でき費用もかかりませんが、法律要件を満たしているか確実でなく、裁判所の検認が義務付けられています。
 そこで、来年7月10日から、封をしていない自筆証書遺言と申請書を、必要書類を添えて法務局に提出すると、遺言書保管官が形式上の不備がないことを確認した上で、以後法務局に於いて保管してくれるという制度が始まります。 費用は無料ではありませんが、公証役場ほど高額ではないようです。
 高齢化とともに遺言を作成する人も増えてくるでしょうから、なかなかいい制度のように思いますね。 余計な心配かもしれませんが、法務局同様法務省管轄の公証人役場の収入が減ったりはしないのでしょうか? 

2.jpg
   (画像は法務省HPより)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント