映画 マスカレード・ホテル

 2018年公開のマスカレード・ホテルが正月にテレビで放映されたので観ました。 東野圭吾原作のサスペンスですが、筋書きが大げさで現実離れしている作品が多い作家なので、サスペンス小説としては好みではありませんが、テレビなのでつい見てしまいました。 
 やはり、動機の割には、筋書きが大げさで現実離れしたストーリーでしたね。 俳優陣は木村拓哉など有名どころを起用していましたが、展開がついていけませんでした。 なんでも言うことを聞かされるホテルマンや、客にうそを言って命を狙われるホテルマンだったら、ホテルマンのなりてはいなくなりそうです。 お正月のテレビ映画ではBSで放映された昔の寅さん映画のほうが楽しめましたね。 ただ、松たか子がおばあさん役だったのには驚かされました。 星は三つでしょうか?
1.jpg
  (画像はヤフー映画より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント