映画 リチャード・ジュエル

 昨年オープンしたサクラマチクマモトの映画館で、クリント・イーストウッドの新作「リチャード・ジュエル」を観ました。 映画館はTOHOシネマズが運営しており、他の映画館と特段違いはありませんでした。 出かけたのが平日だったせいか、館内はガラガラで観客が数人しかいいなかったのにはびっくりしました。
 さて、映画のほうは実際の爆破事件をモデルにしたものだそうで、最近のクリント映画らしく社会の問題をあぶりだしています。 ジャーナリストの悪とFBIの悪が展開され、しかし最後は正義が勝つという単純かつ明快なストーリーでした。 映画で期待されがちな、奇想天外さやどんでん返しはありませんが印象に残る映画でした。 クリント・イーストウッドはもう90歳前後の高齢のようですが、今後もいい映画を期待したいですね。 星は3.5くらいです。
5.JPG
  (画像はヤフー映画より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント