囲碁 小目の定石95

 小目の定石90の続きです。 黒6でE6にオシていくのは黒の得にはならないし、6へノビるのもこれまでの定石では白7からAを見られてよくないとされています。 最近新しい定石も打たれているようです。 この後、
11.JPG

 黒1から3が厳しい手ですが、図の後白A、黒Bで、白は3子を捨てて先手を取り大場に回ります。
12.JPG

 黒は前図が不満で3から5と打っても隅は攻め合い負けとなります(なお、黒5で6なら白は5)。 
13.JPG

 最初の図の白7でケイマにスベってきたら、黒はこのように打って隅は捨て気味に打つのが良さそうです。 
1.JPG

 低い二間バサミで白にカケられて、黒が出切ってもこれらの図も含めてあまりいい結果が得られないと思えば、出切らずにハウことになります。 なお、この図は出切って生き生きになる定石形ですが、相手の出方次第でもあります。
1.JPG

 ちなみに、古い定石形はこんな図のようですが、中央の黒が苦しそうです。
1.JPG

 参考までに、最初の図は、一間高ガカリの二間バサミからもできることがあります。
01.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント