高配当株 その9 キヤノン

 年明けから株式市場は乱調ですが、一時的な調整なのか暴落の始まりなのかが気になるところです。 さて、日本を代表する企業の一つであるキヤノン(7751)が3000円近辺まで値を下げています。 スマートフォンの普及でデジカメの将来が疑問視されているようです。 しかしながら配当利回りが4.3%、PERが15倍、PBRが1.2倍は魅力的なのでNISAで買ってみました。 今の配当が続くのかどうか分かりませんが、さらに下がるようなら買い増しもありかと思うのですが、どうなるでしょうか?

 キヤノン(7751)の過去1年のチャート
画像

"高配当株 その9 キヤノン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント