セルフメディケーション税制(スイッチOTC薬控除)

 そろそろ、確定申告の時期ですが、スイッチOTC薬と呼ばれる薬を薬局で買った場合、合計額が1万2千円を超える部分の金額(上限は8万8千円)が、確定申告をすれば所得控除されるという新しい制度が始まるそうです。
 平成 29 年1 月1日から平成 33 年 12 月 31 日の間に購入した薬が対象で、健康管理が条件だとか、従来の医療費控除との選択制だとか、NISAを連想させる複雑な仕組みのようで、国民にとって得になる制度かどうかは分かりません。
 従来の医療費控除の下限の10万円を1万2千円に引き下げるのが一番簡単で、得にもなりますが、それでは税収が減って困るのでしょうね。 従来の医療費控除との選択制であることが大きな問題のようで、あたかも病院に行かずに薬局の薬で治療することを推奨する制度のように思えます。
 厚生労働省が考えたのか、財務省が考えたのか知りませんが、確かに高齢化で膨れ上がる医療費を抑えるには有効な制度かもしれません。 でも、健康管理が条件とはいえ、重大な病気が潜んでいるのに病院に行かずに、薬局の薬ですませて、手遅れになっては元も子もないように思うのですが?

"セルフメディケーション税制(スイッチOTC薬控除)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント