意外と知らない年金の繰り上げ、繰り下げ

 加給年金についても意外と知られていませんが、繰り上げ、繰り下げ受給についても細かい部分はあまり知られていないような気がします。 繰り上げてもらうと月当たり0.5%減額され、繰り下げると0.7%増額されることはかなり知られているようですが、細かい点を調べてみるといろいろ複雑なようです。
 まず気になるのが繰り下げ中に先が長くないことが分かり(81歳以上長生きすれば繰り下げたほうが多くもらえそうだが)繰り下げをキャンセルしたいときは、繰り下げ受給を開始する前であれば65歳時点に遡及してもらいなおすことができるようです。 この場合もらわなかった加給年金もどうやらもらえるようです。
 それから、老齢厚生年金と老齢基礎年金は繰り上げ、繰り下げを別々にやっていいようです。 つまり、老齢基礎年金だけ繰り下げると加給年金はもらえるようです。 ただし、老齢基礎年金だけ繰り下げても、増える金額はあまり大きくはなりませんが。
 さらに、妻がもらうであろう遺族年金は、夫の年金を繰り下げても増えることはないようです。
 これ以外にもいろいろあるのかもしれませんが、繰り下げても、もらい始める前であればキャンセルできるのはある意味安心な制度のように思います。 年金事務所の話では、普通にもらう人が最も多くて、次が繰り上げる人、一番少ないのが繰り下げる人だそうです。 年金をいつからもらうかは悩むところですね。
 

"意外と知らない年金の繰り上げ、繰り下げ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント