一眼キラーか? PowerShot G7 X Mark II

 ついに1型撮像素子のコンデジを買ってしまいました。 キヤノンのPowerShot G7 X Mark II です。 より大きな撮像素子を持つ一眼デジカメに画質では負けるかもしれませんが、そのコンパクトさから携帯性では圧倒的に優位な高級コンデジです。 撮像素子が大きいため、光学ズームは4.2倍までですが、もし10倍を超えるようになれば、一眼デジカメを使っているアマチュアカメラマンの多くは高級コンデジに乗り換えるのではないでしょうか?
 1型撮像素子の高級コンデジは、ソニーやパナソニックなども出していますが、価格コムで長らく売れ行きナンバーワンを続けているのがキヤノンの G7 X Mark II です。 私にとっても、ソニーのデジカメは、性能は良さそうでも操作が複雑で使用しづらいので敬遠、パナソニックは、かって使っていたLUMIXが京都旅行の初日に動かなくなったというトラウマがあるため敬遠、ということでキヤノンにしました。 カメラなら、プロが使うニコンかキヤノンから選ぶのが無難だろうとも考えました。
 自撮りもできる高級コンデジですが、重量はあるもののボディは意外と小さく、ポケットにも入れられそうです。 そのうち2.3型撮像素子のコンデジと画像を比べてみようかと思います。
画像

      (画像は価格コムのHPより)

"一眼キラーか? PowerShot G7 X Mark II" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント