アベノマスク

 ついに我が家にも届いた「アベノマスク」、数十年前に使われていたガーゼでできた骨とう的マスクです。 最近の使い捨てマスクに比べるとかなり小さい。 使い捨てマスクも、ひところは品切れか50枚入りが5,000円以上もしていたのが、最近は1,000円前後に値下がりして入手が容易になりました。 アベノマスクに何億円使ったのかは知りませんが、壮大な無駄遣いに見えます。
 ところで、手作りマスクも含めていろいろなマスクが巷にあふれてきましたが、肝心のマスクとしての性能はどうなっているのでしょうか? ガーゼや一般の布地のマスクは、ウイルスや細菌をブロックする性能があるのでしょうか? ハンカチやタオルで口を覆ったほうがよかったりするのではと疑問に思いました。 こんなに大事な衛生用品ですから、何らかの性能基準を作ってほしいものです。
DSC00600.jpg

"アベノマスク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント