テーマ:AI

新顔続々 囲碁AI

 囲碁AIの進化が止まりません。 かっては、「天頂の囲碁」と「銀星囲碁」などの有料ソフトが中心だった囲碁AIですが、最近は、Leelaをはじめとする無料でしかも強い囲碁AIが公開されています。 なかでも、今年公開された「ネット囲碁学園」はすぐれものです。 LeelaZeroの応用版のようで、本来は通信教育用のソフトのようですが、対局検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天頂の囲碁7」対「天頂の囲碁6」 その2

 天頂の囲碁7は二子置かせると天頂の囲碁6に負かされるので、6の先番コミなしで対局させてみました。 パソコンはCorei5の富士通のノートブックで、考慮時間5秒の設定です。   第1譜 白52まで(天頂の6が黒でコミなし) 右上隅と左下隅で最近はやりのすぐ三々に入る形ができました。 どうやら7は、星にカカって一間に受けられたら三々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SENKO CUPワールド碁女流最強戦

 今日の日経新聞によると、来年女流の新しい世界戦が創設されるそうです。 センコーがスポンサーになって、第2回ワールド碁チャンピオンシップに先立ち、18年3月14~16日に日本棋院で開催されるようです。 女流の世界も国際的になってきたので楽しみですね。  そもそも、男女平等をうたう時代になぜ女流棋戦が存在するのかという疑問はありますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルファ碁ゼロ 進化が止まらない囲碁AI

 囲碁AIが進化を続けているようです。 囲碁のルールを教えただけで、人間の棋譜は教えていないアルファ碁ゼロは、自己対局だけで強くなったそうです。 その結果、アルファ碁には100戦百勝、マスターには100戦89勝11敗だったそうです。 定石も布石も、過去の形にとらわれない新しい形が生み出されているようです。 もはや、人間は敵ではなく、プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天頂の囲碁7」対「天頂の囲碁6」の二子局

 11月に天頂の囲碁7 Zen が発売されました。 「本ソフトの最高棋力も前作をはるかに上回る「九段」に到達しています。」とのうたい文句なので、早速買って天頂の囲碁6と二子局で対戦させてみました。 パソコンはCorei5の富士通のノートブックで、考慮時間5秒の設定です。   第1譜 白27まで(天頂の6が黒の二子局) じっくりと大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 AIの影響

 AIがプロ棋士より強くなった結果、プロ棋士の打ち方もAIの影響で変化してきているようです。 8月20日のNHK杯では、黒番の村川大介八段が白番の趙善津九段を相手にAI流の打ち方を見せてくれました。  まず、右下隅の形が昔は黒悪いとされていたのが、最近流行している形で、黒11以下のカケが打てれば黒も満足できるようです。 したがって、解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more