テーマ:ひふみ投信

投資信託 今年上半期のパフォーマンス

 早いもので今年も半分が過ぎましたが、G20終了直後の7月1日現在の主なインデックスの騰落率を騰落率を昨年12月28日を基準に計算してみました。  昨年末の下げがきつかったせいか、対象にした銘柄すべてがプラスでした。 中でも、貿易戦争真っただ中の中国と米国の株が好調だったのは意外でした。 来年に大統領選挙を控えている米国経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本株投信 大手が苦戦

 7月2日の日経新聞によると、日本株投信の過去10年のリターンを運用会社別にみると、独立系や外資系が上位で大手の運用会社は芳しくないようです。 過去10年の日経平均のリターンは約10%であったのに対して、トップはSBIで年16.5%、第2位はレオス・キャピタルワークスで15.3%で、国内大手は日経平均のリターン以下だったそうです。 大手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 残り2か月でのパフォーマンス

 今年も残り2か月ですが、株式市場は雲行きが怪しくなってきました。 昨年12月22日を基準に10月26日時点での主なインデックス、投資信託のパフォーマンスを調べてみました。 その結果、プラスだったのは東証REITだけで、他はどれもマイナスに沈んでいます。   特に成績が悪かったのは、新興国株式で、当然インド株式や上海株式も悪くなってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年上半期のパフォーマンス

 早いもので今年も半分が過ぎましたが、6月29日現在の主なインデックスの騰落率を騰落率を昨年12月22日(記録の都合で)を基準に計算してみました。  昨年1年間は東証REIT以外は黒字だったのですが、今年上半期は東証REITとひふみ投信以外は赤字となりました。 中でも赤字幅が大きかったのが、新興国債券と新興国株式でした。 どうやらアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SBI中小型割安成長株Fジェイリバイブ

 ダイヤモンド・ザイ3月号によると、日本株対象のアクティブ型投信が好調で、中でもジャスダック特化型では過去5年の上昇率が400%を超えるものがいくつかあり、500%を超えるものさえあるようです。 去年初めて買ってみた「SBI中小型割安成長株Fジェイリバイブ」(89311067)も453%で横綱の一つに選ばれています。  同じ日本株対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 2017年のリターン

 大納会まではまだ1週間ありますが、12月22日時点で、主要投資信託、インデックスなどの今年の成績を、昨年12月29日を基準にして表にしてみました。  今年は株式投資家にとっては最高ともいえる一年だったのではないでしょうか? 日本株もアメリカ株も、先進国株も新興国株も、どれも20%前後あるいはそれ以上の成績でした。 そんな中でも目立つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SBI中小型割安成長株Fジェイリバイブ

 SBI中小型割安成長株Fジェイリバイブ(89311067)を新規購入しました。 今年は投資信託もおおむね好調で資金流入が続いているようです。 手数料の安さなどからはETFが有利なのですが、アクティブ投信はないため、日本株のアクティブ投信となると一般の投資信託になってしまいます。 そこで、日本株の中小型株を対象とするアクティブ投信の中か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年9月までのパフォーマンス

 今年の株式市場は大きな変動がなく比較的安定して推移していますが、昨年12月29日を基準に本年9月29日現在のインデックスや投資信託のリターンを計算してみました。 日本株を対象とするアクティブ投信としては近年パフォーマンスが良いひふみ投信のみを記載しました。  東証REIT以外はすべてプラスのリターンですが、ジャスダックとひふみ投信の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相変わらず好調なひふみ投信

 株式市場の中小型株ブームもあり、ひふみ投信が好調さを維持しています。 ヤフーファイナンスで過去5年のチャートを見ると、日経平均(緑)とさわかみファンド(赤)が100%強のほぼ同じ水準に達しているのに対して、ひふみ投信(青)は200%強の水準となっています。 4月の月次報告書を見ると、上位10銘柄はいずれも東証一部ですが、中小型株ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年3カ月のリターン

 今年も3カ月が過ぎた3月31日時点で、主要投資信託、インデックスなどの成績を昨年12月29日を基準にして調べて表にしてみました。  主要インデックスでは、日経平均とTOPIXが微減だったのに対し、ジャスダックが9%近くのプラスと昨年の好調さを維持しています。 日本株投信の中では、ひふみ投信とJPMザ・ジャパンがやはり昨年の好調さを維…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 この1年のリターン

 大納会まではまだ1週間ありますが、12月22日時点で、主要投資信託、インデックスなどの成績を昨年12月25日を基準にして調べて表にしてみました。  今年はトランプ以降は相場が様変わりして、過半数の投資信託やインデックスがプラスのリターンとなりました。 マイナスだったのは上海、インド、海外債券、新興国債券と結い2101だけでした。 結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひふみプラスの運用報告書

 ひふみプラスの運用報告書が届きました。 ひふみ投信の投資戦略を知るために、ネットで買えるひふみプラスにわずかながら投資しています。 報告書の対象期間は、昨年10月1日からの1年間です。 この1年間に限ればTOPIXをかなり上回っていますが、実はトランプ次期大統領決定以降はあまり芳しい成績ではありません(チャートの赤がひふみプラス、緑が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年の成績

 今年も残すところ二か月足らずですが、10月28日時点で主なインデックスと投資信託の成績を調べてみました。 昨年12月25日を基準にしています。  注目しているインデックスと投資信託では、マイナスになっているものが多いのですが、ジャスダック、ひふみ投信、JPMザ・ジャパン、東証REITはプラスとなっています。 海外は株式債券ともマイナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年上半期のパフォーマンス

 今年も半年が過ぎた7月1日時点で、主なインデックスと投資信託のパフォーマンスを昨年12月25日を基準に調べてみました。  ほとんどがマイナスですが、今年3月時点よりほとんどがさらにマイナスが大きくなっています。 特に目立つのが上海株式です。 日本株インデックスでは、ジャスダックはあまり下落していませんが、日経平均とTOPIXは15%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R&Iファンド大賞2016

 (株)格付投資情報センターが発表した「R&Iファンド大賞2016」の国内株式部門最優秀ファンドは三井住友・げんきシニアライフ・オープン(79311005)でした。 高齢者関連ビジネスと介護関連ビジネスに関連する企業に投資するファンドだそうです。  ヤフーファイナンスで過去5年間の同ファンド(青)とひふみ投信(赤)とTOPIX(緑)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 今年のパフォーマンス

 3月も残り数日となりましたが、今年3月25日時点での主なインデックスと投資信託のパフォーマンスを昨年12月25日を基準に調べてみました。  日本株、外国株、海外債券のほとんどが赤字となる中、東証REITは9%近いプラスとなっています。 日銀のマイナス金利の影響があるようです。 ちょっと上がりすぎのようにも思うのですが?  ひふみ投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひふみ投信」の 基準価額下落について

 お客様各位にあてた表題の文書がひふみ投信のHPのお知らせにアップされており、株式市場の現状と見通しが簡単にまとめられていて参考になります。  循環的な日本の景気悪化の影響で日本企業の業績見通しが悪化している中、世界景気の下降とシンクロしたことが株価下落の原因であり、輸出企業の来期の業績見通しはさらに暗いとみています。 また、輸出企業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投資信託 この1年のリターン

 大納会はまだですが、今年も残り1週間足らずとなった12月25日時点で、この1年のリターンを見てみました。 対象は、主なインデックス、注目している日本株投信、いくつかのETFです。  表からわかるように、今年は日本株以外はマイナスのリターンとなっており、特に悪かったのが新興国の債券と株式です。 新興国は、米国の利上げの影響でさらに下落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひふみプラス

 ひふみプラスから運用報告書が送られてきました。 ひふみプラスはひふみ投信をマザーファンドとする投資信託ですが、ひふみ投信が直販なのに対してひふみプラスはネット証券や一部の銀行で買うことができます。 投資対象は同じですので、ひふみ投信の投資対象を見るためにひふみプラスを少しだけ買っています。  9月末での上位5銘柄を見ると、あいHD(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要インデックスと投資信託のパフォーマンス

 このところ世界のマーケットは不安定な動きを見せていますが、本日9月25日現在で主要なインデックスと投資信託の今年の上昇率を調べてみました。 日経平均など日本株のインデックスは2~3%台のプラスを維持しています。 日本株対象の主な投資信託の中では、ひふみ投信の好調さが目立ちます。 さわかみファンドは今年はインデックスに負けており、不調の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R&Iファンド大賞2015

 少し前に発表された「R&Iファンド大賞2015」ですが、国内株式部門の最優秀ファンド賞はスパークス・新・国際優良日本株ファンドでした。 おなじみのひふみ投信は、優秀ファンド賞でした。   このスパークス・新・国際優良日本株ファンドについて見てみると、20銘柄程度の日本株を厳選して長期投資しているそうで、投資対象銘柄を見ると日本電産、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要インデックスと投資信託のパフォーマンス

 ギリシャ危機と中国株の下落で一波乱ありましたが、一旦落ち着きを取り戻した7月15日時点で、主なインデックスと日本株投信の今年の上昇率を調べてみました。  日本株インデクスの中では、日経平均が高くジャスダックが低くなっています。 最近の買いの主体が外国人で個人は売り越していることを反映しているものと思われます。  主な日本株投信では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要な日本株投信のパフォーマンス

 日本株を投資対象とする主な投資信託について、ひふみ投信がスタートした2010年10月を基準(1)として、今年4月までのパフォーマンスをTOPIXと比較してみました。 比較した投資信託は、さわかみファンド、ひふみ投信、JPMザ・ジャパンの3本です。  結果を見ると、ザ・ジャパンはひところの勢いがなくなったとはいえ、長期で見ると素晴らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉投信 どうかな?

 NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で鎌倉投信のファンドマネージャーを特集していました。 この運用会社は、鎌倉の古民家が事務所で、「いい会社をふやしましょう!」をスローガンにしています。 どうやら、お金を増やすことよりもいい会社を増やすことに重きを置いたファンドのようです。  でも、いい会社ってどんな会社かは見方によって判断が異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

R&Iファンド大賞 2015

 日経平均がようやく終値で2万円を突破し、明るいムードの株式市場ですが、この明るさはいつまで続くのでしょうか? 東京オリンピックまで続いてほしいのですが、ちょっと無理でしょうか?  ところで、格付投資情報センター(R&I)が先日発表した「R&Iファンド大賞 2015」の国内株式型部門は、最優秀ファンドがスパークス・新・国際優良日本株フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要インデックスと投資信託のパフォーマンス

 事実上新年度入りした3月27日時点で、注目している主なインデックスと投資信託について、2012年末以来の上昇率と最近3月の上昇率を調べてみました(表)。 インデックスや投資信託の過去の数値はヤフーファイナンスを使うと分かります。  主な日本株投資信託について見ると、さわかみファンドは安定したパフォーマンスを出しています。 最近の大型…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億人の投信大賞

 日経マネー誌恒例の1億人の投信大賞が、同誌2月号で発表されました。 まだ12月だというのに2月号とは気が早いですが、相場は先取りが大事だということかもしれません。 本ブログでも注目しているひふみ投信が日本株式の部門賞に選ばれています。 独特の選定基準なので、リターンがいいだけでは選ばれませんので、専門家の評価が高い投信だといえるのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本株投信 この1年のリターン 

 大納会まではまだ1週間ほどありますが、ここでこの1年の日本株投信のパフォーマンスを調べてみました。 記録の都合で、昨年11月22日と12月20日の終値の平均を基準として、今年11月21日と12月19日の終値の平均が何倍になったかを調べました。 結果は、下の表とグラフのとおりでした。  3種のインデックス、日経平均とTOPIXとJAS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本株投信 この1年の成績

 9月は急上昇して1万6千円を超えていた日経平均もこのところの急落で1万4千円台に10%超も下落してしまいました。 これから反転するのか、さらに下落するのかは誰にもわかりませんが、いくつかの日本株投信の過去1年間のチャートをヤフーファイナンスで比較してみました。  赤がひふみ投信、青がさわかみファンド、緑が結い2101、黒がTOPIX…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本株投信 この1年のリターン

 日本株も多少の波乱はあったものの、このところ日経平均1万5千円台を維持しています。 ここで過去約1年間のいくつかの日本株投信のリターンを表にまとめてみました。 表からわかるように、ひふみ投信は約30%の上昇率で、ジャスダック指数の上昇率も上回っています。 さわかみファンドも比較的健闘して約18%と、日経平均やTOPIXをかなり上回って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more