テーマ:博物館

「大和ミュージアム」と「てつのくじら館」へ

 呉市にある大和ミュージアムを訪れました。 正式名称は「呉市海事歴史科学館」だそうで、戦艦大和の十分の一モデルやゼロ戦などが展示されていました。 意外だったのは、子供の団体客が多かったことですが、平和教育ということでしょうかね?  隣には入場無料の「海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)」があって、退役した潜水艦が展示されていましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡市博物館へ

 福岡市博物館へ行ってみました。 福岡に住んでいた二十数年前はできたばかりだったと思いますが、建物の記憶はないものの金印を見た記憶があります。  これが実物の金印です。 意外と小さいものです。 真贋論争はあるようですが、歴史の重みを感じますね。  館内にはしゃれたレストランがあり、手ごろな値段で食事を提供しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアルオープン 熊本博物館

 12月1日にリニューアルオープンした熊本博物館に行ってみました。 熊本地震の前から改装中だったのですが、熊本地震の被害もあってオープンが遅れたようです。  上野の国立博物館には何度も行きましたが、比べるのが申し訳ないくらいコンパクトな施設です。 残念なのはレストランも喫茶もなく、食べ物も売っていないため昼食に困ったことでした。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迫力の絵巻物 竹崎季長展

 くまもと文学・歴史館で11月1日から12月17日まで開催中の竹崎季長展では、教科書でおなじみの「蒙古襲来絵詞」の現物を見ることができます。 展示は前半と後半で入れ替えがあり、後半では「たいはう」が炸裂する中を馬に乗って奮戦する季長の姿を見ることができました。  修復が施されているのでしょうが、鎌倉時代の絵とは思えないほど鮮やかで見事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至上の印象派展 九州国立博物館へ

 九州国立博物館で開催中の「至上の印象派展」に行ってきました。 武器商人として財を成したビュールレが自宅に集めた印象派を中心とする名画は質が高く、美術史を学ぶ上でも優れたコレクションだといわれています。 今回は名画2点は写真撮影可ということで、キヤノンのG7 X Mark IIをぶら下げて出かけました。 通常休館日の月曜日で、雨の降る天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆめぎんが(佐賀県立宇宙科学館)へ

 こんなところにこんなものが?と驚いてしまうような施設、佐賀県立宇宙科学館が武雄市にありましたので立ち寄ってみました。 リニアモーターカーなどの体験型科学博物館とムツゴロウなどのいる自然博物館、それになぜか宇宙博物館、さらにはプラネタリウムまでありました。 レストランもありますので、子供も大人も一日楽しめそうですね。  お客さんは結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖疏水記念館

 ブラタモリで有名になった琵琶湖疏水を訪ねることが今回の京都旅行の目的の一つでした。 130年ほど前、産業用、水運用、発電用、生活用などに供するために琵琶湖の水を京都へ引く工事が始まりました。 完成後は京都市内を流れる動脈のように、京都の産業や人々の生活を支えてきました。 南禅寺の入り口近くにある琵琶湖疏水記念館では、工事の記録や使われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山崎山荘美術館 NHK日曜美術館

 今朝(12月6日)のNHK日曜美術館で、大山崎山荘美術館を女優の小西真奈美さんが訪ねていました。 天王山のふもと、サントリーの山崎蒸留所の割と近くにあるようです。 もとは関西の実業家加賀正太郎(1888-1954)の別荘で、深い親交があった朝日麦酒株式会社(現アサヒビール株式会社)初代社長山本爲三郎が引き継ぎ、その後アサヒビールが美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK スタジオパーク

 NHKのスタジオパークを見学してきました。 渋谷駅のハチ公口から歩いて十数分、渋谷区役所の先がNHKです。 親子連れや団体の小学生がたくさん来ていました。 これまでの大河ドラマのさわりも見ることができます。 生放送の「スタジオパークからこんにちは」もガラス越しに見ることができました。  岡本太郎の作品が飾ってありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立科学博物館へ「大アマゾン展」を見に行く

 花見がてらに、上野の国立科学博物館へ「大アマゾン展」を見に行きました。 展示のほとんどは剥製か標本で、生きたものはピラニアだけでした。 博物館もうまく考えたもので、ふだんはあまり見てくれない剥製を、アマゾンでまとめて展示することによって、大勢の親子連れを集めることができたわけです。 それなりに楽しめましたが、大ナイル展とか大ボルネオ展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JICA横浜へ

 怪しい空模様でしたが、前から行ってみたかったJICA横浜へ出かけてみました。 桜木町駅で降りて汽車道を歩いて15分ほどかかりました。 みなとみらいは三菱重工の造船所跡地を再開発したのですが、いつ来てもモダンな街並みですね。  来たかったのはここ海外移住資料館を見たかったからでした。 港町横浜は、移住者ゆかりの地なのですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白洋舎 五十嵐健治記念洗濯資料館へ

 白洋舎が、去年本社を渋谷から下丸子に移転すると同時に、東京支店にあった洗濯資料館を本社にリニューアルオープンしたというので、出かけてみました。 白洋舎はクリーニングで有名ですが、創業者の五十嵐健治については知る人は少ないかもしれませんが、その若いころの人生は大変ドラマチックなようです。 新潟県に生まれ、朝鮮半島を経て北海道に渡り、大変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「みちのくの仏像」 東京国立博物館

 東京国立博物館で開催中の「みちのくの仏像」展を、コア(2359)の株主優待で頂いたパスポートを使って見てきました。 1,000年以上も前に造られた国宝の薬師如来などを見ると、心が洗われるようです。 特別展はいつもは平成館でやるのですが、現在改装中ということで今回は本館でやっています。 平日だったので、学生と高齢者が多かったです。 特別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立科学博物館へ「ヒカリ展」を見に行く

 国立科学博物館で開催中の「ヒカリ展」を見に行きました。 青色LEDのノーベル賞が話題となったので開催されたのでしょう。 生物がらみの展示は面白かったのですが、入ってすぐの物理学的説明は理系の人間にとっても難解でした。 光は電磁波ですが、粒子でもあるそうです。 博物館内は、幼稚園児や小中学生でいっぱいでした。  人工のオーロラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御船町恐竜博物館

 こんなところになぜと思うのですが、熊本県御船町に恐竜博物館があります。 恐竜博物館は、福井県をはじめ全国にいくつかあるようです。 昭和54年に、小学生によって日本初となる肉食恐竜の歯の化石が発見されたことが、御船町と恐竜とのつながりの始まりだそうです。 国立科学博物館などと比べると展示スペースはわずかなものですが、研究室までのぞけるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立科学博物館へ「太古の哺乳類展」を見に行く

 上野の国立科学博物館で開かれている「太古の哺乳類展」を見に行きました。 昔日本にいて今では絶滅した哺乳類の化石を展示していました。 昔日本は大陸とつながっていたことから、ゾウやサイや今ではいなくなったいろいろな哺乳類がいたそうです。 そんなにたくさんの哺乳類が絶滅したのかと思うと、いつか人間が絶滅して見つかるのは化石ばかりという時代が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「台北國立故宮博物院」

 東京国立博物館で開催中の特別展「台北國立故宮博物院」に行ってきました。 コア(2359)の株主優待でいただいた国立博物館パスポート引換券をパスポートに交換して入場しました。 中国歴代皇帝が収集したという文物が展示されていました。 書画は素人には猫に小判の感じですが、焼き物や工芸品は素晴らしいものが並んでおり、目玉の白菜は展示が終わって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高砂香料 香りのミュージアム

 高砂香料発祥の地、それ以前は松竹蒲田撮影所のあった蒲田駅東口に立つのがアロマスクエア、その17階に高砂香料の本社があります。 そこにミュージアムがあり、貴重なコレクションが一般公開されています。 非公開とのことなので写真は掲載できませんが、昭和天皇に献上した香水、クジラの体内にできるアンバー、趣向を凝らした世界の香水瓶などです。 平塚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立科学博物館へダイオウイカを見に行く

 NHKテレビで話題になったダイオウイカの展示があるというので上野の国立科学博物館に久しぶりに出かけました。 よく行く人には友の会入会がお勧めです。 4000円の年会費で、常設展は何回でも、特別展も各1回無料で見ることができます。 平日でしたが、子供たちでいっぱいでした。 日本館は戦前からあるそうで重厚な造りです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more