テーマ:囲碁

囲碁 小目の定石100

 大ゲイマガカリからできるこの形は、次に黒Aが多いのですが、右側に発展性が見込めないときは黒はどう打ちますか?  黒1から左辺に勢力を築く打ち方もあります。  黒1とコスミ出して地にカラく打つこともできます。 図の後、黒はAかBを選択します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石99

 星の石にすぐツケる打ち方同様、小目の石にすぐツケる打ち方も定石化しているようです。 白1のツケに対して、2と下からハネれば白7又はAでも黒にあまり不満はなさそうです。  黒が4と打てば反対側を占めることになりそうです(白3は10)。  黒が上からハネると、白も形よく治まります。 黒はAが嫌味なので4とアテずに単に6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石98

 二間高ガカリは、故呉清源九段推奨のカカリです。 黒2なら利かしと見て大場に回ります。 その後、黒Aには白Bと応じ、黒Cならさらに手抜きします。 いずれの場合も、時機を見てDにツケて荒らします。 なお、黒の小ゲイマジマリに白1のカタツキも利かしとなるので打っておくべきと言っていますので、先見の明がありました。  黒2なら、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石69

 星の定石36,85と関連します。 かかりっぱなしの石をコスミツケで攻められてもシノギはむつかしくありません。 シチョウが白良ければ4から6が手筋です。 この後どうなりますか? なお、シチョウが悪い場合はまず中央へトビます。  黒1のサガリなら、黒11の後、白はAとBを見合いにしてシノぐことができます。  黒1のグズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グロービス杯世界囲碁U-20

 8月1日と2日に、「グロービス杯世界囲碁U-20」という若手棋士による世界戦がネット上で開催されました。 今年で7回目になるという日本棋院主催の棋戦のようですが、スポンサーがグロービスというあまり聞いたことのない会社でした。 経営大学院の経営などをやっている新興企業のようです。  日本代表が6名、中韓がそれぞれ3名、その他地域併せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石97

 小目の定石37などと関係します。 このひっくり返す定石は故呉清源九段が打ち出し、従来と異なり黒よしということになったそうです。 したがって、最近は白1とツケる打ち方はあまり見なくなりました。 図の後黒白順に、A、B、1ツギ、C、その後黒はDあたりに挟んで攻めます。 黒が二間バサミや二間高バサミでも同様です。  黒が従来の定石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉清源回想録 以文会友

 呉清源といえば、十番碁でほとんどの棋士に勝ち越し、当時最強とうたわれた昭和の大棋士ですが、これまでは中国出身で木谷實と新布石を研究したことくらいしか知りませんでしたが、この本を読んでその人生が波乱万丈なものであったことを知りました。 日本に来た時期が日中関係が悪化したころと重なったことも一因でしょうが、宗教と深くつながった生活を送った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と少ないプロ棋士の収入

 囲碁の芝野虎丸や将棋の藤井聡太など、AIの影響もあってか若手棋士の台頭が著しい囲碁将棋界ですが、意外とタイトルの賞金額や棋士の収入は少ないようです。 下の表は、ブログ「日々ネット」から引用させていただきました(したがって要確認)が、囲碁の7大タイトルと将棋の8大タイトルの賞金額だそうです。 4,000万円を超えるのが、囲碁では棋聖戦、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石96

 黒2は隅の地を取りながら攻めを狙う手です。 白3も定石ながらやや利かされです。 この後、黒Aと打つのも定石ですが、もっと厳しく打つには? なお、白3ではB、C、Dなどに展開するのが普通です。  黒1とはさむのが厳しい打ち方です。 白2が手筋ですが、黒は地を取りながら攻めを狙います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 隅の死活61

 プロでもむつかしいという囲碁発陽論は、部分的な死活問題より、周囲と絡めた死活問題が多いのが特徴です。  黒先で、Aのコウではなく無条件で攻め合いに勝ってください。  5のオキが手筋で、白の応手で切る位置を決めます。  黒先で攻め合いです。  黒9がうまい手で  白が捕まえる手はありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石95

 カカリの後手抜きしている白に対して、黒は1とコスミツケて攻めたいところですが、白が左辺が大事なときは2とかわす打ち方もあります。 図の後、黒が手抜きしたら白はどう打ちますか?  白1のノゾキから隅に手を付けます。 黒4で5と打っても白4と打たれて取ることはできません。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石96

 AIの影響で最近打たれるようになった小目の一間ジマリへのツケです。 シチョウが白いい場合によく打たれるようです。 辺の定石2、小目の定石16、17が参考になります。  黒が下をハネると、よく見る白が外勢を取る別れになります。 白からAやBが好点です。  黒が上をハネると、白2とハネ返すのが大事な手で、白が実利を取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石94

 星の定石13と関連します。 黒4は5が普通で、白7も外からハネるのが普通ですが、この後どうなりますか?  このように進行し、黒12の後は白黒順にA~Gまでとなり、白は実利を取りますが、最初に一間トビした意図には反します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 手筋89

 サバキの手筋ですが、白一子をどうサバキますか? 手筋36が参考になります。  サバキはツケからといいますので、第一感はこのツケですが、白は逃げるだけです。  このツケが多少サバいた感じです。 いろいろ変化がありそうです。  反対側へのツケは生きるだけになりそうでよくありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石95

 小目の定石90の続きです。 黒6でE6にオシていくのは黒の得にはならないし、6へノビるのもこれまでの定石では白7からAを見られてよくないとされています。 最近新しい定石も打たれているようです。 この後、  黒1から3が厳しい手ですが、図の後白A、黒Bで、白は3子を捨てて先手を取り大場に回ります。  黒は前図が不満で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石68

 黒10では二間に挟むのも有力ですが(その場合白は三々入りか両ガカリ)、白13までとなれば黒の次の手は決まっています。  黒1の一間トビからこんな図が想定されます。 もし、黒が1を手抜きすると、  白からきびしく攻められそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石67

 定石ではありませんが、アマのネット碁からで、白の打ち方に多々問題があります。 まず、白5は中途半端な手でした。 黒6が当然の打ち込みです。 白7もA又はBにツケてどちらかを治まるべきでした。 続いて、黒10が厳しい打ち込みでした。 これに対して、  白が1のオサエから3とハネたのは無理な手でした。 以下、図のように白の苦しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石94

 白3ではAかBが多くなりましたが、この形も定石です。 白が5と厳しく一間にツメれば、黒はCではなく6の一間にトビます。 この後どうなりますか?  白は1にカケて5にツケるのが手筋で、これに対して黒がAに受けるのは利かされで、6にノビてBから隅を取るか、Cから出切って外勢を取るかです。 なお、黒が外勢を取った場合でも、隅の白地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石66

 ハサミのある所に白3とカカってきました。 黒はどう応じますか?  まず黒1とコスミツケて攻めます。 続いて反対側をコスミツケて攻めます。 黒1でケイマに受けると白にスベられ、一間にハサむと三々に入られて甘くなります。  そこで、白も前図4では小目にカケてきて、こんな戦いになるかもしれません。 いずれにしろ、黒は両方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新顔続々 囲碁AI

 囲碁AIの進化が止まりません。 かっては、「天頂の囲碁」と「銀星囲碁」などの有料ソフトが中心だった囲碁AIですが、最近は、Leelaをはじめとする無料でしかも強い囲碁AIが公開されています。 なかでも、今年公開された「ネット囲碁学園」はすぐれものです。 LeelaZeroの応用版のようで、本来は通信教育用のソフトのようですが、対局検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石93

 小目の定石37、74、92と関係があります。 本木八段によると、黒Aの一間高バサミの時も白1のカケからのAI定石は考えられるそうです。  黒がすぐに1と切るのは、白2のカケから白が厚くなるようです。 黒11を省くと、白はAやBから動いてきそうです。  したがって、黒はオシを決めてから切りそうで、黒が先手のセキになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天元戦 第3局

 11月22日に久留米で行われた天元戦第3局の解説会に参加してきました。 対局結果は、挑戦者の許家元八段が黒番で中押し勝ちでした。 終盤まで最強の手を打つイメージの井山天元ですが、本局は予想外に早い時間での投了でした。 王座戦に続いてカド番に追い込まれた井山4冠ですが、巻き返しなるでしょうか?  吉岡薫八段の解説、聞き手は金賢貞四段の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝酒造杯囲碁クラス別チャンピオン戦 福岡大会

 11月16日(土)にパピヨン24ガスホールで開かれた「宝酒造杯囲碁クラス別チャンピオン戦」に、前日から福岡に出かけて参加してきました。 五段戦で5回対戦して、結果は3勝2敗でした。 五段戦参加者の大部分は、日頃五~六段で打っているレベルの人のようでしたが、おそらく1~2割は七~八段で打っているような人が混じっているような印象を受けまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石92

 小目の定石74の続きです。 黒Aなら堅実ですが、黒1から3と打つと難解になります。 ただし、後述の実戦のように白が2と受けるとは限りません。  白の応手はA又はBが考えられますが、いずれの場合も黒がF4とすぐ切るのは、白E2と下がられてうまくいかないようです。 なお、白がCを利かせると黒C7で左辺が持ちません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう! 芝野虎丸八段

 第44期名人戦七番勝負の第5局が10月7~8日に打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩(ちょうう)名人(39)を破り、シリーズ通算4勝1敗でタイトルを奪取しました。 史上最年少名人の誕生だそうです。 NHKのテレビ囲碁で、解説の趙治勲さんが「囲碁を打つために生まれてきた」と評した芝野虎丸、名前はいかついのですがかわいい顔をしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石91

 最近、AIの影響かまた秀策のコスミが増えているようです。 白が手を抜いたら、黒は1のカケかA又はBのハサミが多いのですが、この後はどうなりますか? 小目の定石20とも関係があります。  この図が多く打たれます(黒2で6なら白は黙って7かJ3)。  白が3から5と出切ると封鎖されてしまいます。  この図も定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石65

 辺の定石38の関連形です。 この布石では白Aと守ってから白1の打ち込みを狙うのもありますが、すぐ打ち込むのもあります。 この後どうなりますか?  黒1のツケから白2にワリ込んだこの形が多く打たれますが、白2では8に打って隅に振り替わる打ち方もあります。  さらに、前図白2でこちらにツケると難解な変化となり、これは一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石64

 辺の定石6も参考になります。 黒が1と封鎖してきました。 白は中で生きるのではなく脱出したいのですが、白Aのツケコシから黒B以下で連絡するのは黒を厚くして不満です。 白はどう打ちますか?  白1と白3のダブルのツケコシで黒の薄みを突きます。 下辺の黒二子がほうが苦しくなります。  したがって、黒もツケコシ切るべから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石90

 小目の定石37、74と関係があります。 低い二間バサミにカケからの出切りでは、白9までの後、黒A、白B以下セキになるより、黒B、白C以下生き生きになるほうが黒は良いと定石書にありますが、なかなか難しい変化があるようです。 なお、黒8に対して白がD8にノビると、黒F4で白は苦しくなると定石にはありますが、後述手段も参照。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石93

 星の定石88の関連です。 最近のNHK杯でも打たれましたが、黒のシチョウがいい場合は6と切り込む手があります。 白がすぐAと取れば黒Bとアテられて閉じ込められますし、白B、黒Aの進行もシチョウが白悪ければうまくいきません。 どう応じますか?  簡明策なら白1とアテてから3と取ります。 黒4、白Aヌキ、黒Bとシチョウにカカエて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more