テーマ:囲碁

囲碁 辺の定石68

 黒10ではハサミもありそうですが、白13までとなれば黒の次の手は決まっています。  黒1の一間トビからこんな図が想定されます。 もし、黒が1を手抜きすると、  白からきびしく攻められそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石67

 定石ではありませんが、アマのネット碁からで、白の打ち方に多々問題があります。 まず、白5は中途半端な手でした。 黒6が当然の打ち込みです。 白7もA又はBにツケてどちらかを治まるべきでした。 続いて、黒10が厳しい打ち込みでした。 これに対して、  白が1のオサエから3とハネたのは無理な手でした。 以下、図のように白の苦しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石94

 白3ではAかBが多くなりましたが、この形も定石です。 白が5と一間にツメれば、黒もCではなく6の一間にトビます。 この後どうなりますか?  白は1にカケて5にツケるのが手筋で、これに対して黒がAに受けるのは利かされで、6にノビてBから隅を取るか、Cから出切って外勢を取るかです。 なお、黒が外勢を取った場合でも、隅の白地には味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石66

 ハサミのある所に白3とカカってきました。 黒はどう応じますか?  まず黒1とコスミツケて攻めます。 続いて反対側をコスミツケて攻めます。 黒1でケイマに受けると白にスベられ、一間にハサむと三々に入られて甘くなります。  そこで、白も前図4では小目にカケてきて、こんな戦いになるかもしれません。 いずれにしろ、黒は両方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新顔続々 囲碁AI

 囲碁AIの進化が止まりません。 かっては、「天頂の囲碁」と「銀星囲碁」などの有料ソフトが中心だった囲碁AIですが、最近は、Leelaをはじめとする無料でしかも強い囲碁AIが公開されています。 なかでも、今年公開された「ネット囲碁学園」はすぐれものです。 LeelaZeroの応用版のようで、本来は通信教育用のソフトのようですが、対局検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石93

 小目の定石37、74、92と関係があります。 本木八段によると、黒Aの一間高バサミの時も白1のカケからのAI定石は考えられるそうです。  黒がすぐに1と切るのは、白2のカケから白が厚くなるようです。 黒11を省くと、白はAやBから動いてきそうです。  したがって、黒はオシを決めてから切りそうで、黒が先手のセキになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天元戦 第3局

 11月22日に久留米で行われた天元戦第3局の解説会に参加してきました。 対局結果は、挑戦者の許家元八段が黒番で中押し勝ちでした。 終盤まで最強の手を打つイメージの井山天元ですが、本局は予想外に早い時間での投了でした。 王座戦に続いてカド番に追い込まれた井山4冠ですが、巻き返しなるでしょうか?  吉岡薫八段の解説、聞き手は金賢貞四段の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝酒造杯囲碁クラス別チャンピオン戦 福岡大会

 11月16日(土)にパピヨン24ガスホールで開かれた「宝酒造杯囲碁クラス別チャンピオン戦」に、前日から福岡に出かけて参加してきました。 五段戦で5回対戦して、結果は3勝2敗でした。 五段戦参加者の大部分は、日頃五~六段で打っているレベルの人のようでしたが、おそらく1~2割は七~八段で打っているような人が混じっているような印象を受けまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石92

 小目の定石74の続きです。 黒Aなら堅実ですが、黒1から3と打つと難解になります。 ただし、後述の実戦のように白が2と受けるとは限りません。  白の応手はA又はBが考えられますが、いずれの場合も黒がF4とすぐ切るのは、白E2と下がられてうまくいかないようです。 なお、白がCを利かせると黒C7で左辺が持ちません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう! 芝野虎丸八段

 第44期名人戦七番勝負の第5局が10月7~8日に打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩(ちょうう)名人(39)を破り、シリーズ通算4勝1敗でタイトルを奪取しました。 史上最年少名人の誕生だそうです。 NHKのテレビ囲碁で、解説の趙治勲さんが「囲碁を打つために生まれてきた」と評した芝野虎丸、名前はいかついのですがかわいい顔をしていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石91

 最近、AIの影響かまた秀策のコスミが増えているようです。 白が手を抜いたら、黒は1のカケかA又はBのハサミが多いのですが、この後はどうなりますか? 小目の定石20とも関係があります。  この図が多く打たれます(黒2で6なら白は黙って7かJ3)。  白が3から5と出切ると封鎖されてしまいます。  この図も定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石65

 辺の定石38の関連形です。 この布石では白Aと守ってから白1の打ち込みを狙うのもありますが、すぐ打ち込むのもあります。 この後どうなりますか?  黒1のツケから白2にワリ込んだこの形が多く打たれますが、白2では8に打って隅に振り替わる打ち方もあります。  さらに、前図白2でこちらにツケると難解な変化となり、これは一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石64

 辺の定石6も参考になります。 黒が1と封鎖してきました。 白は中で生きるのではなく脱出したいのですが、白Aのツケコシから黒B以下で連絡するのは黒を厚くして不満です。 白はどう打ちますか?  白1と白3のダブルのツケコシで黒の薄みを突きます。 下辺の黒二子がほうが苦しくなります。  したがって、黒もツケコシ切るべから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石90

 小目の定石37、74と関係があります。 低い二間バサミにカケからの出切りでは、白9までの後、黒A、白B以下セキになるより、黒B、白C以下生き生きになるほうが黒は良いと定石書にありますが、なかなか難しい変化があるようです。 なお、黒8に対して白がD8にノビると、黒F4で白は苦しくなると定石にはありますが、後述手段も参照。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石93

 星の定石88の関連です。 最近のNHK杯でも打たれましたが、黒のシチョウがいい場合は6と切り込む手があります。 白がすぐAと取れば黒Bとアテられますので、どう応じますか?  簡明策なら白1とアテてから3と取ります。 黒4、白Aヌキ、黒Bとシチョウにカカエて、白はシチョウアタリを打つ進行になります。 NHK杯でもそうなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石63

 小目の定石16、辺の定石36、44、56などと関係があります。 この黒の構えに対しては、白1から3と打つのが定石化しています。 黒が8と 厳しく下がってきたら白はどう応じますか?  白1とハネて3に切れば、AとBが見合いで、どちらかの黒を取ることができます。  反対側を黒8と下がってきたら白はどう応じますか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石92

 星の定石16、81と関連します。 三連星や高中国流の場合はツケノビも有力で、黒8のハネに対して白が9と切ると、この図のように切った白が苦しくなりますので、白9では13に守って黒11の後、先手で大場に回るのが良さそうです。 ほかにもツケノビ対策になる新定石があるようです。  それが白3にノビるこの図です。  黒が6で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石88

 小目の定石51と関係があります。 黒が定石のAではなく、5に打ってきました。 白はどう応じますか?  白は1と封鎖します。 黒がすぐ2以下出ていくと、白は7にオク手筋で隅で治まります。 したがって、黒はすぐには動かず、AやBの味を残すことになりそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活23

 官子譜は玄々碁経と並ぶ中国の古典棋書で、原本は問題数も多く、誤りもあるそうなので、高木祥一九段の新書版がおすすめです。 その中から、白先黒死の問題です。  白1、3の後、黒A、白Bまでで黒死、というのが原本のようですが、  白1に対して、黒2、4から6の切りで生きることができるので、前図が成立するにはA付近に白石が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活22

 私(黒で中押し勝)の実戦からです。 黒2、4のハネ出しに対して白5は無理だったようです。 この後どうなったでしょうか?  白19では21のほうが難しかったようです。 黒30までで右上隅の黒は生きましたが白はまだ生きていません。  白1から黒4までで上辺は白の取られのようです(後出)。 その後白は5と生きましたが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石87

 小目の一手抜きや高目からできる、白が2とハネ出すハメ手です。 この後どうなりますか?  黒はすぐ出切って石塔にシボらなければなりません。 シボらずオサエると白もオサエて、黒が難しくなります。  その後このように進行し、さらに黒Aヌキ、白B、黒Cで一段落です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石86

 小目の定石37の関連形です。 白12の出から14と切る強手がありますが黒はどう応じますか?  黒は11まで追って、17(又はA)と隅を生きるのが定石のようです。  もし、黒が前図の17で1とさらにノビると、白2から隅が取られてしまいます。  黒が3とツケても、取られます。  もし、黒がこちらに3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石85

 最近少なくなったこの定石、黒が9と打ってきたら注意が必要です。 白Aとツグと黒Bとノビられて、以下Fまでと白が甘くなります。 そこで、  白は1にアテます。 以下抜き抜きになれば白がいいので、黒も2にノビてこのようになりそうです。  今度は、先に黒1のアテから打ってきたら白はどう応じますか? なお、白2では3に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールド碁チャンピオンシップ2019

 今年で3回目となる「ワールド碁チャンピオンシップ2019」ですが、決勝が3月月20日、東京の日本棋院で行われ、韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段が中国の柯潔(か・けつ)九段に黒番1目半勝ちし、3連覇しました。 国際棋戦3連覇とはすごいものです。  日本の井山裕太五冠は初戦は勝ったものの、次の準決勝で柯潔九段に負け、改めて韓国、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 小目の定石84

 小目の定石83の関連形で、やはり昔多かった形です。 白11では穏やかにAに戻って不満はありませんが、シチョウが良ければ11に切ることもできます。 これに対して黒12は強い態度で、外をツイで二間に開けば簡明です。 この後はどうなりますか?  白7までとなり、黒はAを切るかBを切るかです。  Aを切った場合は、このよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 手筋88

 ヨセの手筋です。 Aの打ち込みが狙えなくなったら黒1にツケてヨセますが、白はどう応じますか?  白1にノビるのが大事で、黒が4と応じれば先手となります。 黒4を手抜きすれば、  白1から5までとなり、さらに黒が手抜きすれば隅に白A以下の大きなコウが残ります。  黒A、白Bの交換をして手抜きしても、白1から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石91

 星の定石65とも関係あります。 二間にしかヒラけないので、白1はAと低くカカルほうが良さそうです。 黒から白の二間ビラキに対する定石化された攻めは?  この形が定石化されていて、白6の守りが省けないので、黒は先手で隅を固めることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おすすめの囲碁対局サイト 野狐囲碁

 幽玄の間、パンダネット、東洋囲碁、KGSなど、囲碁対局サイトには有料、無料含めていくつもありますが、一番のおすすめは野狐囲碁です。  私は幽玄の間がスタートしてしばらくは有料会員だったのですが、その後東洋囲碁の無料会員を長く続け、最近野狐囲碁に移りました。 ほかの囲碁対局サイトでは、無料会員は有料会員と比べると、プロや高段者の対局は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 手筋87

 黒が2から4とかぶせてきました。 白は脱出するなり中で治まるなりしなければなりませんが?  白1のツケから3のハネが手筋で、この後は黒の応手に応じてサバくことができます。  黒が2ならこの図です。  手筋33のこの図も似たツケでのサバキです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more