テーマ:高配当株

新規購入高配当株

 最近新規に購入開始した高配当株(あるいはその候補)は、以下のとおりです。 この中でもオプトランに期待しています。 光学薄膜形成装置を主に中国で製造販売しています。また、東急不動産とコニカミノルタは、さすがに下げ過ぎだろうということで買い始めました。 NEW ARTは、ちょっとうさん臭さを感じるブライダルダイヤの販売会社ですが、オーナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 キトーほか

 コロナショックによる株価暴落は、3月にいったん底を打ったようにも見えますが、今後の感染状況次第ではまだまだ油断できません。 3月中旬から4月頭にかけて新規購入した高配当株です。 日揮は高配当ではありませんが、原油安などから歴史的安値圏に沈んだので100株だけ買ってみました。 キトーは、かって1株1,000円ほどで買って2,000円ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナショックで含み損へ

 1月下旬の今年の高値から2カ月たたずに3割弱も下がった日経平均、新型コロナウイルスの感染拡大によるコロナショックは、リーマンショックを上回る急落となりました。 3月13日(金)の日経平均は一時17,000円を割り込み、17,431円程の終値となりました。  最近は下げ幅もスピードも大きかったため、利益確定や損切りをする暇もなく、あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 伯東ほか

 2月末から3月頭にかけて乱高下した時期に、新規に購入した高配当株です。 新型肺炎で業績悪化しそうな業種も含まれていますが、長期保有前提で購入しました。 パレモとジェイエスエスは優待銘柄でもあります。  伯東とセレスポはかって利益確定したことのある銘柄ですが、株価が手ごろになったこともあり再挑戦です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎で調整局面か

 本日2月4日現在で感染者数が2万人、死者数が400人を超えたという新型肺炎ですが、中国経済への影響はかなり大きそうです。 サプライチェーンを通して周辺国経済にもかなりの影響を与えるかもしれません。 いつ収束させることができるのか懸念されますが、長引くと7月の東京オリンピックにまで影響を及ぼしはしないか心配です。  株式市場は現在のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 綜研化学ほか

 米中貿易戦争の激化で2万円割れかと心配された日経平均も、2万千円を回復して一安心といったところです。 さて、最近新規購入した高配当銘柄は以下のとおりです。  このうち綜研化学はかって利益確定したのですが、株価が下落して値ごろ感が出てきたのでまた買ってみました。 特に中小型株の場合は、高配当といっても業績悪化懸念はぬぐえないのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 三光合成とミタチ産業

 10連休明けはトランプ発言で下落スタートになりました。 当面の株価は米中協議の行方にかかっているようです。 この機会に最近配当利回りが上昇した銘柄を新規購入しました。  三光合成(7888)はプラスチック部品製造の大手、ミタチ産業(3321)は電子部品商社で、いずれも4%強の配当利回りで、PERも6倍前後となっています。 今後業績悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 大同メタル工業とNISSHA

 最近新規購入した高配当銘柄が、大同メタル工業(7245)とNISSHA(7915)です。  大同メタル工業は、自動車などの軸受けメーカーで、PERが6倍台、PBRが0.6倍、配当利回りは4%強あります。 業績は安定しているようなので今後も高配当を期待できそうな銘柄です。 大同特殊鋼とは資本関係はないようです。  NISSHA(79…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時株主総会 日産自動車

 4月8日に開かれた日産の臨時株主総会の決議通知が届きました。 総会に出席はできませんでしたが、ゴーン、ケリー両氏の取締役解任とスナール氏の取締役選任が会社提案通り決まりました。  日産は高配当銘柄ですが、ルノー経由でフランス政府の意向が経営に反映されるようになると将来には期待できなくなりますので、一株主としては経営の独立性だけは維持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 ユナイテッドなど

 最近、新規に買い始めた高配当株4銘柄です。 どの銘柄も最近株価が調整気味で配当利回りが高くなりました。 このうちユナイテッドは、配当利回り以上に将来性にも期待しています。  2497 ユナイテッド   PER 5.6倍 配当利回り 3.6%  3440 日創プロニティ     5.8倍       3.2%  5351 品川リフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 三菱ケミカルホールディングス

 三菱ケミカルHD(4188)を新規購入しました。 厳密に言えば再購入です。 20年以上前、まだ三菱化学のころから買い始めた銘柄ですが、当時は割と地味な銘柄でした。 その後、三菱樹脂、三菱レイヨンと統合したり、製薬会社やガス会社を子会社化して、規模拡大するとともに収益もよくなったように思います。 数年前にすべて利益確定したのですが、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 旭有機材など

 大幅下落の大発会に、値ごろ感の出た高配当銘柄を新規購入しました。 旭有機材(4215)、三菱ガス化学(4182)、サンワテクノス(8137)の3銘柄で、3%台から4%台の配当利回りとなっています。 三菱ガス化学はかって保有し利益確定した銘柄ですが、最近また株価が戻ってきました。  このところの株式市場の下落は、アベノミクス相場の終了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 日本精線とJSR

 日本精線(5659)とJSR(4185)を新規購入しました。 どちらも売り上げ、利益とも増加傾向で、高配当の銘柄です。 特に日本精線は4%を超える配当利回りで、優待のクオカード分を入れると5%近くあります。 ヤフーファイナンスで過去10年のチャート(上が日本精線、下がJSR)を見ると、米中貿易戦争の影響でか株価が下落して値ごろ感が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 CKD

 CKDを新規購入しました。 自動機械メーカーで、THK同様右肩上がりの成長を続けています。 米中貿易戦争懸念から株価が急落し、PERは9倍を割り込み、配当利回りも3%弱と割安になりました。 わずかながら、クオカードの優待もあります。 とりあえず、THK同様300株買ってみましたが、さらに下落すれば買い増ししたいと思います。  最近の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 THK

 THK(6481)を新規購入しました。 最近、米中貿易戦争への懸念などから一部上場の大手輸出企業で株価が急落しているものがあります。 THKもその一つで、PERが10倍を割り、配当利回りは3%を超えてきました。 THKは直動案内機の世界的メーカーで、右肩上がりの成長を続けています。 直動案内機というのは一般消費者にはなじみがないものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 IDOMなど

 最近新規購入した高配当株です。 IDOM(7599)、KYB(7242)、エヌアイシ・オートテック(5742)、加賀電子(8154)の4銘柄です。 まとめ買いしましたがいずれも配当利回りが3%を超えています。 今後配当利回りは下がるかもしれませんが、長期的には期待できる銘柄だと思いました。  このうちIDOMだけは卸売業で、「ガリバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当優待株 JT

 久しぶりに新規の優待株JT(日本たばこ)を買いました。 最近下落傾向だった株価が、ロシア企業買収のニュースでさらに下押しして3,000円を割り込んできました。 PERは薬13.5とさほど割安感ありませんが、配当利回りが5%を超えてきました。 自社製品の優待もありますので長期保有にいいかもしれません。  たばこ産業の将来は明るくはあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 アダストリア 沢井製薬

 久しぶりに高配当株を新規購入しました。 アダストリア(2685)と沢井製薬(4555)で、アダストリアは、かってポイントのころ保有していて利益確定したことのある銘柄ですが、最近業績が芳しくないため株価が下落しています。 海外展開に積極的な会社なので、業績回復を期待して買ってみました。  沢井製薬はジェネリック薬の大手で、最近公募増資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当優待株 コメダホールディングス

 久しぶりに新規購入した優待株のコメダホールディングス(3543)です。 コメダといえば、名古屋が地盤のシニアに人気の喫茶店チェーンですが、株価は今年新規上場された時の公開価格(1960円)からずいぶん下落して、最近は1600円台で推移しています。 PERが16倍台、PBRは3倍台で、配当利回りだけでも3%近くあります。 これに加えて年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

買ってはいけない高配当株 銀行株

 いくら配当が高くても買ってはいけない株といえば、倒産しそうな株と株価が下落する株ですね。 後者の代表例が銀行株ではないでしょうか、株価はマイナス金利になる前から下落し続けています。 銀行は安定していて配当も高いと考えて買った人は多いと思います。 私の場合もITバブル崩壊時に買ったIT株と並んで、これまでに買った銀行株はどれも含み損が膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 日立キャピタル コメ兵

 英国のEU離脱国民投票結果を受けた株価下落局面で買った高配当株2銘柄です。   まず、日立キャピタル(8586)は、英国でかなり利益を上げていることから売り込まれましたが、PERが6倍台、配当利回りが約4.5%は割安と考えて買いました。 多少株価が下がっても配当さえ続けてくれれば良しとします。  次に、コメ兵(2780)は、インバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 小松ウオール

 小松ウオール(7949)を新規購入してみました。 この3月期決算が多少減益だったこともあり株価が下落しています。 それでもPERが10倍を割り込み、配当利回りが3.7%もあるのは魅力です。 同じく石川県小松市に本社を置くライバル会社のコマニー(7945)と比べると、配当、株価指標とも小松ウオールが投資妙味がありそうです。 ここから下が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不動産投資か高配当株か?

 5月23日の日経新聞によると、個人のリートやワンルームマンションへの投資が活発だそうです。 確かに、東証リート指数も2,000を超える水準まで値上がりし、新築マンションもバブル期並みまで値上がりしているともいいます。  不動産のコンサルティングを行うCBREによると、オフィス(東京・大手町)の2014年10月期の期待利回りは、前期比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 昭和真空

 昭和真空(6384)を買ってみました。 水晶デバイス製造装置などを製造する、一般にはなじみのない会社なのですが、証券会社HPのスクリーニングで引っかかってきた銘柄です。 今期末の減益予想で、株価は下落傾向です。 ちょっとリスキーですが、PERが10倍以下で配当利回りが5%近いのは魅力です。 現在の配当水準を維持してくれればありがたいと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 タムロン

 レンズメーカーのタムロン(7740)の株を新規取得しました。 最近の株価下落でアベノミクス前の水準に戻してきて、配当利回りが3.7%程度に高まってきました。 写真が好きな人には交換レンズメーカーとして有名なタムロンですが、昔は中小企業のイメージでしたが、最近はグローバル企業として成長しています。 ネックは、デジカメ市場の縮小ですが、監…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 その21 兼房

 久しぶりに配当狙いで新しい銘柄の兼房(5984)を買ってみました。 名前からして、伝統ある刃物屋のイメージがありますが、工業用刃物を世界を相手に製造販売している会社です。 配当利回りが約3.7%、PERが約8倍、PBRが約0.5倍と株価は割安な水準にあります。 過去10年の株価を見ますと、500円から1,000円強の範囲で動いています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 その20 アルゴグラフィックス

 日本株は株価が上昇して、ここから買える株はほとんどなくなってきましたが、久しぶりに新しい銘柄のアルゴグラフィックス(7595)を買ってみました。 自動車会社向けCADシステム販売が主体の会社で、PERが約11倍、PBRが約1倍で、配当利回りが約3.3%です。 自己資本比率やROEも平均以上のようです。 株価はさほど割安でもありませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 その19 ハードオフとブックオフ

 ハードオフコーポレーション(2674)とブックオフコーポレーション(3313)は名前も看板もよく似た会社で、どちらもリユース業の会社です。 リユースは今後も拡大こそすれ衰退はしないように思います。  両者とも配当は2%台でそこそこの高配当株です。 しかし投資対象としての魅力はハードオフの方がまさっているようです。 その証拠に、ハード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 その18 日本リート投資法人

 インベスコ・オフィス・ジェイリートに続き、日本リート投資法人(3296)も買ってみました。 公募価格近くまで下落したため分配金利回りが5%を超えてきて、現時点ではトップのようです。 利回りが高ければいいというものではありませんが、とりあえず1口だけ買ってみました。   ギリシャ危機と中国株のバブル崩壊で日本株もしばらく下落するかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高配当株 その17 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人

 日本株はギリシャ危機にもめげずに2万円以上で安定しているようですが、最近Jリート、中でもオフイス系のリートが下落しているようです。 下落といっても、かっては1,000前後だった東証リート指数が1,700ほどなので大したことはないのかもしれませんが、目についたインベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(3298)と日本リート投資法人(3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more