テーマ:

囲碁 辺の定石49

 辺の定石13、20と関連します。 黒の小林流に臨む白の打ち方として、この図のように白3付近から右上隅に先行する打ち方もあります。 黒11までとなった後、白は下辺の黒模様にに手を付けますが、どこから行きますか?  白1のツケから手を付けていきます。 この後、黒はAのマガリからBのトビが大きく、白からはCの打ち込みが狙いです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石48

 アマ高段の実戦からです。 星の定石2の類似形で、星の定石27とも似ています。 白4のハサミに対して黒が5とハサミ返してきたためこんな形になりました。 白の一子はまだ取られていません。 この後どうなったでしょうか?  白1のツキアタリから5と飛び、両者手順を尽くしてこんな戦いになりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石47

 三連星からできる形で、辺の定石40と関連しますが、辺の定石35も参考になります。 白Aの打ち込みは変化が少ないのですが、白1の打ち込みは変化が複雑です。  黒1の鉄柱は白を追い出す意図で、こんな図が予想されます。  しかし、白がオサマリを目指せば、こんな図になりそうです。  前図で白4ハイはこのようなワタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活13

 実戦からですが、白29までと右上の黒の大石が危うくなりました。 何とかこの黒を生きてください。 ヒントは黒18の石がたよりです。  黒1のノビから3のツケがうまい手で、天下きかずの大コウです。 白は6では7に打ち、生き生きにするしかありませんでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石46

 辺の定石24の関連形で、開きが低い場合は、黒からはAの打ち込みが一般的ですが、1のツケもあります。 どんな変化になりますか?  この形が普通です。  これは最初に2に打ち込んだ形と同じです。  このツケはサバキの手段としても重要で、例えば辺の定石28に似たこの形では単に逃げるのではなく1とツケて応手を問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石45

 辺の定石13の小林流に似ていますが、右下隅が小目ではなく目はずしの形を実戦で打たれたことがあります。 相手の黒はAがあるので6と挟んできました。 白はゆっくり打つならBのケイマですが、厳しく打つならどう打ちますか?     白1のツケから9までを利かし、白11につけてさばくのがいいようです。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石44

 小目の定石16と関係あります。 白3の打ち込みは可能ですが、どんな変化があるでしょうか?  黒が1と封鎖に来れば、白は楽に生きることができます。  黒1が厳しい応手で、白が素直に2と逃げると重くなりますので、  白2のツケが手筋で、黒3のハネには白4と切りちがえてサバくことができます。  黒が3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石43

 辺の定石16、28と関係があります。 安定しているように見えるこの白もまわりの黒が強くなると攻められます。 黒からの定石化された狙いが二通りありますが分かりますか?  最初の狙いは黒1のツケです。 白が2と受けると黒3のツケ切りで分断することができます。 分断されない受け方は辺の定石16です。  もう一つの狙いは黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石42

 辺の定石32の関連形です。 黒がこのように分断に来たら白はどう応じますか?  白1と出て3と打ってつながっておきます。 うっかり白Aに押さえると黒3で分断されてしまいます。  類型ですが、Aと守ったこの定石でも、周囲の状況によっては黒1から分断しに来ます。 白6ではR10に出て外をつながった方がいいかもしれません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石41

 三連星からよくできる形ですが、黒が4、6と広げれば白7が当然の一手です。 この後、黒Aは白R7のノビから右辺で生きられて、黒BのサガリはR10のツケバネでさばかれて、いずれも不満です。 外壁が控えるこの場合の黒の最強の応手とその後の進行は?  この場合黒1のサガリが最強で、白はトビ出しても当てがないため2のノゾキから10まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活12

 私(黒)の実戦からです。 白の小目に黒が一間高ガカリしてできた形ですが、黒先で包囲された白はどうなるのでしょうか?  黒1から攻めますが、白から8、14、16が利いているため死ぬことはなさそうです。  ところが実戦では、黒に7の急所に打たれた後、白12がひどくて、死ぬはずのない白石が死んでしまいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石40

 白5ではAやBが普通ですが、地に辛く5にすべってきました。 黒はどう応じますか?  黒はAのツキアタリもありますが、1とコスんで3と押さえるのが最強です。 白8の後、黒にコウザイがないとP2に下がり、白の取り返しにN4に継ぐしかありませんが、コウザイがあればBと切ることもできます。  似た形ですが、黒が星下の開きの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活11

 6月19日のNHK杯、内田修平7段(黒)と山城宏9段(白)の対戦からです。 黒が1と打ってきましたが、この白はどうなるでしょうか?  白1以下、コウになります。 黒はいい碁を打っていたのですが終盤のミスで逆転されました。  白が1と押さえると黒2以下で死んでしまいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活10

 私(白)の実戦でできた形です。 白1に対して黒は2から愚形で白の1子を取りに来ました。 白はどう打ちますか?  白1から13までで攻め合いです。 白が生きれば黒も生きなければなりませんが、白は生きることができますか?  白は1から3のカケ継ぎで生きます。 白1ではAでも生きです。 この後黒は生きることができますか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活9

 私(黒)の実戦から、黒A、白B、黒Cの後、白DはEなら問題は起きませんでした。 この後、上辺の白が怪しくなります。  黒Aが来たため、黒C以下上辺の白はどうなるでしょうか?  黒Aの下がりで上辺の白は部分的には死んでいます。 ところが、白Bの抜きがCのノゾキを見て先手となるので取りには行けないようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石39

 この後黒から下辺を決めるにはどう打ちますか?  黒1のコスミツケから打ちます。 白4がいやな時は黒3でJ4に打ちます。  白が4と高く受けたら黒はどう決めますか?  黒1のツキアタリから打ちます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石38

 この布石で白の割打ちから11までの進行は黒の厚みが強大で、白は工夫が足りません。 どう打つべきでしたか?  白は黒の1目を取る手で上辺8あたりの開きに先行するべきでした。 黒が9につないでも白10のスベリで生きることができます。 ただし、黒石がAにある一間ジマリの場合はこの打ち方では白が右辺に閉じ込められてよくありませんので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活8

 辺の死活7と少し似ていますが、私(黒)の実戦で現れた基本形です。 白に2と切られて右辺の黒を生きなければなりません。 どこが急所でしょうか?  ちょと気が付きにくいのですが、黒1が生きるための急所で、図のようにセキになります。  ところが、実戦ではうっかり黒1と打ったために図のように殺されて、あえなく投了となりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活7

 最初は簡単な問題です。 黒先で生きてください。  黒1で生きです。  ところが、黒は1と打って生きたつもりです。 白先で殺してください。  白1とハネてから3と置けば殺すことができます。 逆に白が3の置きを先に打つと、黒4、白1の時、黒5に継がれて殺すことができません。 手順が大事です。  生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活6

 うっかりしそうな問題です。 白先で黒はどうなりますか?  こうなれば2眼できないので黒死にですが、正解ではありません。  こうなれば石の下で黒生きですが、これも正解ではありません。  正解は、白1と中から打って3とこちらを切ると、欠け目にして殺すことができました。  これは黒先で、石の下に導いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石37

 先日のNHK杯でもできた形です。 黒が白の三間ビラキに打ち込んだ形と同じで、辺の定石12とも関連します。 白は辺の2子は捨て石にして外を厚くする作戦です。 黒の次の一手は?  黒1とつけ下を渡ります。 白が2でハネ出すと石塔シボリで取られてしまいます。  NHK杯では、白はハネ出した後5と継いで捨て石にして、中央の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活5

 やさしい問題でも実戦で間違うとそこで勝負がついてしまいます。 私(白)の実戦から、白1のツケからこのようになりました。 黒は白3子の切断を狙っています。  その後白は切断されましたが、三々に振り代わる前に11と黒の応手を問いました。 黒はどう生きますか?  黒は1又はAで生きています。    実戦では黒が手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石36

 先日のNHK杯、結城 聡九段(黒)vs黄 翊祖八段(白)の対局から、白3ではAが普通ですが、ノゾいてきました。 黒はツグのは渡られて甘くなりますので、  黒は1とこちらをハネました。 解説の依田九段によると、以下このように白は隅で生きることが予想されましたが、  白は6と切って隅を捨てる作戦に出ました。 黒11の後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石35

 黒の中国流に対して白からはAやBが好点になりますが、1に打ち込んできました。 黒は厳しく攻めなければなりません(鉄柱では一間に飛ばれて甘くなります)。  黒は1のツケから9のツケ切りで攻めます。 右辺の白か右上の白のどちらかが取れそうです。  白1の打ち込みも黒2のツケで攻められてよくありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石34

 白1のボウシから3のツケに対する応手は有段者の基礎知識です。 この後どのような進行が考えられますか? なお、周囲の黒が強い場合は黒2でN10のボウシからの攻めも考えられます。  基本は、黒が下から受けて白がツケ切る打ち方です。 黒9に白が手を抜くと、黒Aで白苦しくなります。  あまり強くない黒だとこのように出切って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活4

 今日のNHK杯囲碁は、村川大介王座(黒)と林漢傑七段(白)の対局でした。 白がA、Bを交換してここを手抜きしたため、黒は1から切断しました。 白の大石には目がありません。 白はどうしのいだでしょうか? 周囲の配石は多少変更しています。  白1のハネからコウになりました。 このコウは白が勝つ大振り代わりとなりましたが、対局結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の死活3

 基本死活です。 黒先で白を殺してください。    かみ取らずにアテて、反対をハネれば死んでいます。  単にハネると、白2の下がりからコウになってしまいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石33

 黒1からの定石後、白が14と三々に入ったのは打ちすぎです。 黒はどうとがめますか? なお、黒1では黒3のツケから打っても同じ形になります。  黒は1から3と遮断し、5の下がりを利かせて中央の白4子を取ることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石32

 辺の定石17と関係します。 小林流でできるこの形、白5までは必然です。 白が5に打たないと黒が5に打って攻めてきます。 この後プロは黒6と利かしを打ってきますが、この手の意味が分かりますか?  白が1とこちらをつなぐと、黒2と下辺を守ります。 白も3と守るのが普通で、白3を省くと黒からのAの置きが厳しくなります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 辺の定石31

 辺の定石2及び3と関係あります。 この黒の構えに白1の打ち込みは無理です。 白を殺してください。  このように打って白を殺すことができます。 白Aの切りは黒B、白C、黒Dで心配ありません。  参考までに、隅に余裕のあるこの形では白を殺すことはできません。 なお、白が11で下辺を受けると、黒Aで右辺の白が死んでしまい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more