テーマ:セカンドライフ

改正マイナンバー法が成立

 改正マイナンバー法が、9月3日に衆議院本会議で可決成立しました。 10月からマイナンバーが通知され、来年1月から税金、社会保障、災害関連の3分野を中心に使われるそうです。 とりあえず、証券会社の口座はつながって、2018年からは銀行口座もつながるらしい。 また、不動産ともつなげるよう検討中らしい。 別にやましいことはなくても、個人のお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人賠償責任特約

 ダイヤモンド・ザイ10月号によると、自転車に乗っていて歩行者にけがさせたときなどに補償してくれる保険としては、単独で自転車保険に入るよりも、自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任保険を付ける方がずっと安くおすすめのようです。  このタイプの保険は、飼い犬が他人にけがをさせた時やマンションで水漏れを起こして下の人の家財に被害を与えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

任意継続から国民健康保険へ

 今年の4月からの懸案だった国民健康保険への切り替えがやっと完了しました。 区役所の窓口に入ったら、すぐに保険証をつくってくれました。 役所のサービスも最近はよくなってきましたね。  毎月の保険料は、任意継続では3万円ほどだったのが、国民健康保険では約半分になるそうです。 4月に切り替えていたら、1.5万円×4か月=6万円の節約になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナンバー制度と資産課税強化

 経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)2015が、6月30日に閣議決定されました。 毎年発表されているもので、あまり気に留めない人も多いと思うのですが、ちょっと気になる記述がありました。 それは、「マイナンバー制度の活用等により税・社会保険料徴収の適正化を進める」や「マイナンバー制度の活用による徴収の適正化や税外収入の確保などの効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療・介護に余力がある 41 地域

 各紙報道によると、日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は4日、東京圏の後期高齢者が今後10年間で急増し、医療・介護の施設や人材の不足が深刻化するとして、受け入れ余力がある富山市や鹿児島市など26道府県の41地域に高齢者の移住を促すよう政府や自治体に求める提言を発表したそうです。  要は、日本の高度成長期を支えた人たちの医療や介護が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡易宿泊所とは?

 先日川崎市で4人の焼死者を出した簡易宿泊所とは、旅館業法で規定する宿泊施設で、民宿やカプセルホテルもこれに該当するそうです。 だとすれば、旅行者が宿泊するための施設かと思いきや、川崎市の簡易宿泊所に滞在する人は、ほとんどが高齢の生活保護受給者で、自治体の福祉担当の斡旋で入居しているケースも多いそうです。 これでは、官民連携した貧困ビジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京在住者の今後の移住に関する意向調査

 先日BSジャパンの日経プラス10で紹介していたのですが、政府が去年8月に東京都の1,200人を対象にインターネットで行った調査によると、東京在住者の約4 割が地方への移住を検討しているか検討したいと考えており、特に10代、20代の若年層と50代男性の移住に対する意識が高いそうです。  50代男性というのは定年を前にして地方への移住を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

任意継続から国民健康保険へ

 サラリーマンを退職すると健康保険をどうするか考えなければなりません。 退職した年とその翌年はサラリーマン時代の健康保険の任意継続に加入する方が安いケースが多いようで、私も安い方の任意継続に加入しました。 ところが、退職して2年後の4月以降は仕事をしていない人の場合は国民健康保険の方が安くなるようです。 これは、国民健康保険の保険料が前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014ふるさと暮らし希望地域ランキング

 認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」が発表した2014年のふるさと暮らし希望地域ランキングは、1位山梨県、2位長野県、3位岡⼭県だったそうです。 同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」の来場者2,885人を対象に実施したアンケート調査の結果だそうです。  山梨県や長野県はなるほどという感じですが、3位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平均寿命と健康寿命

 還暦を迎えると人生の4分の3は過ぎてしまったことになりますが、まだ人生20年くらいあるだろうと思うのは甘い考えのようです。 厚生労働省によると、介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間である「健康寿命」は、2010年は男性70・42歳(10年の平均寿命79・55歳)、女性73・62歳(同86・30歳)だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リタイア生活に必要な収入

 「異次元の金融緩和」を宣言した日銀の黒田新総裁、市場にとってはサプライズだったようで、円安株高が進んでいる。しかしながら、すでに東証一部平均のPERが22倍を超え、PBRが1.3倍を超えているので、これ以上の株高はバブルではないかと思える。20年前のバブルの時は投資家はバブルと認識していなかったようだが今回はみなバブルと認識しながら投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more