テーマ:映画

映画 天空の蜂

 映画「天空の蜂」を観てきました。 ヤフー映画の評価は高いのに、平日だったせいか観客はまばらでした。 しかし映画はかなり面白く、星4くらいありました。  設定に非現実的なものが多く、あまり好きではない東野圭吾の作品ですが、今回も自衛隊に納入直前の巨大ヘリに爆弾を載せて遠隔操縦で乗っ取るというのはマンガ的でしたが、それ以外はあまり違和感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人

 東京テアトルの株主優待で「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」を観てきました。 ヤフー映画の評価が低かったのでちょっと不安だったのですが、タイトルに引かれて観たものの、お金を払って観るほどのものではなかったですね。 テレビのドキュメンタリーを観ているようでした。 星1.5 くらいでしょうか。  仲良しおばあさん2人組が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ふたつの名前を持つ少年 ネタバレ注意

 東京テアトルの株主優待券で「ふたつの名前を持つ少年」を観てきました。 ユダヤ人へのナチスの迫害を描いた映画で、文部科学省選定とありました。 なかなか重いテーマで、日本人には分かりにくい内容なので、楽しく見ることはできません。 最後に、生き延びた少年が助けてくれたポーランド人の家ではなくユダヤ人孤児の施設に向かいましたが、それほど民族意…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

 今年夏の最大の注目映画「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション 」を観てきました。 前評判どおりのアクションシーンの連続で十分楽しめました。 特にオートバイを飛ばすシーンなどびっくりしましたが、どうやって撮影したんでしょうか? 女スパイの強さにもびっくりで、主役を食っていたかもしれません。   こんな映画を見せられるといつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 日本のいちばん長い日

 日本のいちばん長い日を観てきました。 ちょうど70年前のポツダム宣言受諾による終戦、その時起きた終戦を迎える際の動乱を描いた映画です。 以前も映画化されており、ストーリは分かっていてもなかなか迫力ある映画でした。 昭和天皇役の本木雅弘、鈴木首相役の山崎勉は良かったですね。 阿南陸相役の役所広司は軍人にしてはちょっと厳しさが足りなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ジュラシック・ワールド ネタバレ注意

 お盆は暑くて休みも多いので、大作映画が目白押しです。 まず、ジュラシック・ワールドを観てきました。 ストーリーはワンパターンの恐竜パニック映画です。 今回は、悪玉恐竜が善玉恐竜にやられるという話が目新しかったですね。 CGながらも圧倒的迫力で、つい声を出してしまいました。 サファリパークの中をゴジラが暴れまくっているような映画でしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 人生スイッチ

 東京テアトルの株主優待でスペイン映画「人生スイッチ」を観てきました。 有楽町のヒューマントラストシネマはこじんまりした映画館ですが、入り口は年配女性の長蛇の列でした。 まさか平日にほとんど満席状態で観るとは思いませんでした。 さほど評判にはなっていない映画なのにこの人気はなぜでしょうか?  映画は、キレやすい主人公の顛末を描いたブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 あん

 東京テアトルの株主優待で、映画「あん」を観てきました。 ヤフー映画で高評価ですが、ハンセン病患者への差別をテーマとする重い映画でした。 樹木希林の演技が光る映画でしたが、観客席にも中高年女性が目立ちました。 どら焼き屋の何気ない日常のようで、実に深みのある感情を描いていますが、この映画の評価は、映画を何ととらえるかによって高くもなり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ターミネーター:新起動/ジェニシス ネタバレ注意

 ターミネーターの最新作を観てきました。 ヤフー映画の評価が低かったので、なぜかなと思って観たのですが、なるほど正義のヒーローが悪役だったとは、これまでのファンにはがっかりなんでしょうね。 テレビドラマの相棒でもこんなストーリーがありましたが。   それにしても、若いころのシュワちゃんとおじ(い)さんシュワちゃんが戦うシーンは面白かっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 海街diary

 海街diaryを観てきました。 鎌倉の古民家で暮らす4姉妹の物語で、それぞれの男女関係をゆっくりと描いていました。 最近の映画にありがちなあわただしい展開ではないところがよかったですね。 しっかり者のお姉さん役をやっていた綾瀬はるかと腹違いの妹役の広瀬すずが良かったですね。 脇役も芸達者な役者さん達で固めていました。  ただ、この映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ギリシャに消えた嘘

 東京テアトルの株主優待で「ギリシャに消えた嘘」を観てきました。 本格的サスペンス映画を観たのは久しぶりですが、なかなかいい出来栄えで楽しめました。 ただ終盤近くで、フランクフルトに行くはずの2人がイスタンブールに着いていたくだりはちょっと分かりにくかったですね。 男性2人については勧善懲悪の結末でしたが、女性はちょっとかわいそうでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 名探偵コナン 業火の向日葵

 東京テアトルの株主優待で名探偵コナン(業火の向日葵)を観てきました。 コナンも昔は推理物だったのですが、最近はすっかりアクションものになりましたね。 爆発する飛行機から飛び降りたり、爆発する建物の中を飛び回ったり、女の子が空手でコンクリートの壁をぶち破ったりと、何でもありのアクション劇で、そんなものと思って観ればそれなりに楽しめました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 深夜食堂

 東京テアトルの株主優待で「深夜食堂」を観てきました。 ヤフー映画で4.2点と高評価だったので期待して行ったのですが、水増しなしの評価なら3.5点くらいかなと思いましたね。 飲食店街を舞台に繰り広げられる3つの話からなる人情劇ですが、第2話が割とよくて多部未華子という若手女優の演技が印象的でした。 最初と最後の話は、ちょっとストーリーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 プロミスト・ランド

 東京テアトルの株主優待券で、ちょっと前の映画ですが「プロミスト・ランド」を観てきました。 最近の原油価格の下落はシェールオイルが原因らしいのですが、シェールガスの開発にまつわる物語というので、興味がわきました。  シェールガス開発会社と環境保護団体の争いのように見えて、最後にどんでん返しがあり、下手なサスペンスより面白かったです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 バンクーバーの朝日

 東京テアトルの株主優待券で「バンクーバーの朝日」を観てきました。 戦前のバンクーバーの日系移民の苦労を描いた作品ですが、ヤフー映画での評価が低かったのがちょっと不安でした。 確かにストーリーに深みがなく、10分程度のドキュメンタリーにまとめられそうに思いました。 連戦連敗の野球チームが、バントと盗塁で優勝できるほど野球は甘くないと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ベイマックス

 公開されたばかりのディズニーアニメ 「ベイマックス」が好評なので、さっそく見てきました。 勧善懲悪の人間愛あふれる子供向けアニメですが、大人も十分楽しめました。 いろいろなロボットが出てきて未来の科学技術が疑似体験できました。 主人公は日本人風で、新橋、浜松町、六本木ヒルズなどの風景が出てきましたが、街並みはちょっとチャイナタウン風で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 インターステラー

 インターステラーという上映時間3時間近いSF大作を見ました。 地球環境の悪化から新天地をさがしに宇宙に飛び立った主人公らの物語ですが、期待以上に素晴らしい映画でした。 「2001年宇宙の旅」と「アポロ13」をミックスしてさらに面白くしたようなストーリーに加え、迫力のある映像で上映時間が短く感じられました。 相対性理論の話など難しい会話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ブルージャスミンとマダム・イン・ニューヨーク

 テアトル東京の株主優待券で、ブルージャスミンとマダム・イン・ニューヨークの2本をまとめて観てきました。 どちらもニューヨークが舞台になっており、前者はアメリカ映画で後者はインド映画です。 前者は元セレブだった女性がセレブ志向を捨てきれず、逆に落ちぶれていく姿を描いており、最後はみじめな結末ですが、後者はニューヨークに短期滞在したインド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 ジャージー・ボーイズ

 松竹の株主優待でジャージー・ボーイズを観てきました。 クリント・イーストウッド監督の最新作ですが、なかなか良かったですね、ちょっと下品なセリフも多かったですが。 クリント・イーストウッドは、監督としては、俳優としてより以上にいい仕事をしているように思います。 人生や家族を描かせたら右に出る人はいないように思います。 フォー・シーズンズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 K2 初登頂の真実

 東京テアトルの株主優待で、「K2 初登頂の真実」を観てきました。 「ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂」との二本立てでした。 エベレストの方はナレーションと映像だけのドキュメンタリー調でしたが、K2の方は見ごたえのある山岳映画でした。 イタリアの登山家ヴァルテル・ボナッティが関わったK2初登頂での実話をもとにしており、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 柘榴坂の仇討

 松竹の株主優待で柘榴坂の仇討を見てきました。 桜田門外の変のその後という設定で、泣かせ屋浅田次郎の短編が原作ですが、仇討事件はフィクションのようです。 ヤフー映画の評価は高かったのですが、短編が原作だけあって途中がだらだらと長く、最後の結末はあっけない感じでした。 それでも、超高速や特撮の時代劇よりはましで、本格的時代劇の世界に浸るこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 イントゥ・ザ・ストーム

 松竹の株主優待で映画「イントゥ・ザ・ストーム」を見てきました。 ヤフー映画の評価が低いので期待していなかったのですが、竜巻のパニック映画としてはかなりリアルで迫力があり楽しめました。 有楽町ピカデリーの大スクリーンで見ると、まるで自分が竜巻の中にいるかのようでした。              (画像はヤフー映画より)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 GODZILLA ゴジラ ネタバレ注意

 映画「GODZILLA ゴジラ」を観てきました。 ヤフー映画の評価が低かったのであまり期待していなかったのですが、映像の迫力には圧倒されました。 カメムシのお化けのつがいをゴジラがやっつけるという単純明快なストーリーで、話の筋よりも映像を楽しむ映画だと思いました。 米軍が爆弾を使って何かやろうとしていたのは、よく分からなかったのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 超高速!参勤交代

 松竹の株主優待で映画「超高速!参勤交代」を観てきました。 ヤフー映画では高い評価なのですが、実際に見た感想は「なんだこれは」という感じでした。 コメディー調なのはいいとしても展開が都合よすぎて突っ込みどころ満載でした。 キャストは今売出し中の俳優さんが大勢出ていましたが、ヤフー映画の評価も当てにならないことが分かった次第でした。 時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画  WOOD JOB!(ウッジョブ)

 評判がいいようなので「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」を見てきました。 都会育ちの若者が、林業の厳しさの中で自立していく様子を、笑いで包んで描いており、結構楽しめました。 現実にはこんなに子供や若い女性が多い山村はないと思うのですが、林業の厳しさはよく描かれているように思いました。 伊藤英明と染谷将太のやり取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 プリズナーズ

 松竹の株主優待で「プリズナーズ」を見てきました。 上映時間が2時間半を超える大作サスペンスですが、終わりまで息つく暇がなく、上映時間の長さを感じさせません。 子供の誘拐事件を扱ったものですが、残酷シーンがあるので子供向きではありません。 X-MENの主役が父親役ですが、刑事役の若手俳優がなかなか良かったですね。 料金に値する映画だと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 アメイジング・スパイダーマン2 ネタバレ注意

 「アメイジング・スパイダーマン2」を見てきました。 前半は割と退屈で、後半はCGの大アクションの連続で眠気もなくなりました。 まずまずかと思いましたが、ヒロインが死んでしまって適役が生き残っているということは、続編をつくるということでしょうか? 電気男をやっつけたところで終わった方がよかったように思いますが?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「夜のとばりの物語」と「しわ」

 このゴールデンウイークの映画では、「相棒」に期待していたのですが評判があまり芳しくないようなので、東京テアトルの株主優待で割と評判のいい「夜のとばりの物語」と「しわ」のアニメ2本立てを見てきました。  「夜のとばりの物語」は、影絵のアニメで子供向けのおとぎ話といった風でさほど印象には残らなかったのですが、「しわ」の方は、誰にも訪れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 白ゆき姫殺人事件

評判がいいようなので映画「白ゆき姫殺人事件」を見てきました。 湊かなえ原作、中村義洋監督、井上真央主演のサスペンスです。 確かに評判通り面白かったです。 ネット社会の怖さ、無責任さがテーマとなっていますが、女の怖さも描かれています。 同じ場面が違う見方で何回も出てきますので、上映時間はやや長く感じましたが、テレビでやっている某女流作家の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画 ウルフ・オブ・ウォールストリート

 実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの栄光と没落の回想録を映画化したという「ウルフ・オブ・ウォールストリート」を見てきました。 投資に関心のない人にとってはクレイジーで面白くない映画だと思いますが、投資に関心のある人にとっては我が身を省みる良い機会になるかもしれません。 ウォール街では皆何かを失い、一番失っているのは、お客で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more