テーマ:

囲碁 星の定石93

 星の定石88の関連です。 最近のNHK杯でも打たれましたが、黒のシチョウがいい場合は6と切り込む手があります。 白がすぐAと取れば黒Bとアテられますので、どう応じますか?  簡明策なら白1とアテてから3と取ります。 黒4、白Aヌキ、黒Bとシチョウにカカエて、白はシチョウアタリを打つ進行になります。 NHK杯でもそうなりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石92

 星の定石16、81と関連します。 三連星や高中国流の場合はツケノビも有力で、黒8のハネに対して白が9と切ると、この図のように切った白が苦しくなりますので、白9では13に守って黒11の後、先手で大場に回るのが良さそうです。 ほかにもツケノビ対策になる新定石があるようです。  それが白3にノビるこの図です。  黒が6で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石91

 星の定石65とも関係あります。 二間にしかヒラけないので、白1はAと低くカカルほうが良さそうです。 黒から白の二間ビラキに対する定石化された攻めは?  この形が定石化されていて、白6の守りが省けないので、黒は先手で隅を固めることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石90

 最近多い手抜きの両ガカリ定石では、黒5で割り込まずに隅を押さえるようになりました。 この後、黒A、白B(又は二間ビラキ)、黒Cで下辺と左辺の打ち込みを見合いにする進行が多いようです。 白BでDなら黒は出切りに備えてBにカケます。 そのほか最近打たれる形は?  この図です(黒9は一路左も)。 白2でAなら黒はC、白2でBなら黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石89

 挟まれて手抜きしている白に対して、黒はコスミツケから攻めるのが普通ですが、この後どう打ちますか? 星の定石36、85が関連します。  黒1と受けるのは緩着で、白2のサガリでAとBを見合いにされます。 したがって、黒1では2からのハネツギとH2のオサエコミを先に決めます(二番目の図は進行例)。  この手抜き形に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石88

 星の定石73とも関係ありますが、すぐ三々に入る定石はAIが打ちだしました。 白は9まで打ってAあたりに回り、黒の壁攻めを狙います。 黒もBのサガリを利かせて迎え撃ちます。  黒4は先手を取ってヒラキに回ろうという打ち方でした。 図の後、白A、黒B、白Cとなるか単に白Cまでです。  最近は続けて打つことが多いようで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石87

 AIの影響で星の定石にも続々と新しい形が出てきます。 白2のカカリに対して黒が3と一間に受けると、すぐ三々に入る形以外にも、図のようにすぐ4のノゾキを利かせる形も出てきました。 黒が図の5ではなく、Aや7に受けると、白は後でBの打ち込みを狙います。 逆に黒からは、Cが模様を広げる好点です。  2019年の棋聖戦ではこんな形が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石86

 この黒の構えの場合、白は三々に打ち込むところを、白1に打ち込んできました。 これに対して黒Aは白Bで甘くなりますのでどう応じますか?  黒1(又は3)と隅を確保します。 以下このような戦いが予想されます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石85

 星の定石36の類型です。 日中竜星戦で柯潔(黒)を破った芝野虎丸(白)の対局からです。 シチョウ有利の場合、黒8のツケから10のオキが手筋です。 この後どうなりますか? 最近、星にカカリっぱなしで大場に先行する打ち方が多いので、この形はよくマスターしておかなければいけません。  白が1と頑張ると、黒2の切りから12のサガリが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石84

 星の定石72でも触れましたが、AIの影響で定石化したこの形、白10の後どうなりますか?  黒3と手筋の切り込みを入れ黒7までとなり、この後白がすぐにAと取るとは限りません。 左上隅に黒がある場合に左辺を黒模様化することができます。 逆に、白がAと取っておけば白1からの出切りが黒は心配です(特に左辺に白石がある場合)ので、黒も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石83

 白の三々入りから定石のような形ができましたが、黒の打ち方には多々問題があります。 左辺に白の援軍がない場合は、黒8は9に押さえるべきです。 黒10でも14でも16に打つ方が堅実です。 黒18の切りも問題でした。 さて、白はどう応じますか?  白7まで、黒をダメヅマリにして戦います。 白3のアテを喫しては黒がいけません。 手筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石82

 星の定石63、77でも出た形です。 星の定石81にも関係します。 黒の三連星に対して白は少しでも侵入しようと3にツケてきました。 これに対して黒AもBも白Cで黒が甘くなります。 黒はどう応じますか?  黒1と隅をオサエて両方をアテ、黒7に継げば黒11まで、黒の外勢が勝る別れになります。 なお、白が6で7にアテ返すと、黒6と抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石81

 白5は白が左辺に侵入したいとき打つ手です。 これに対して、黒Aは甘いので6と打ちますが、この後はどうなりますか?    白1なら黒2が大事な手で、白を止めることができます。 この後、黒E2やD2が隅に利いているので、白が外の2子をツグのは難しくなります。  白は1と打って3と飛び出せば満足かもしれませんが、途中変化も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石80

 星の定石13の変化形です。 最初の図はアマ高段のネット碁からですが、白はシチョウが悪いにもかかわらず出切ってきました。  白は1とノビました。 黒は2とオサエこんで白3のハネに4とオサエて、以下このような変化になりましたが、白の勝勢と言えそうです。 黒は4で7に切り込むべきだったようです。  次の図は、昨年度のNH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石79

 星の定石45、61、67などで分かるように、最近は黒4では反対側にツケることが多いのですが、こちらにツケてもまた変化があり、黒が4とつけ10とハネ出す変化です。 白が11と切って13と押さえると、黒18のかけても黒4、6の2子が取られることはありませんので、この図の変化になります。 この定石では気をつけなければならないことがあります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石78

 白がケイマにスベった時黒1とハサむ定石で、白がAに受けずに4にアテこむ手がありますが、黒はどう応じますか?  黒は1と切って3にツナギます。 以下このような別れになるのが一般的です。 白12で13なら、黒は12にワタリます。  白が、最初の図の4でこちらに1と打てば、黒2とマゲてこのような別れになります。 黒2でう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石77

 白がはさまれてツケ切ってくるのはハメテまがいの手ですが、応手を知らないとハマってしまいます。 小目の定石29と関係があります。  大ゲイマに黒石がない場合は、黒1とノビると白2、4と打たれてまぎれるかもしれません。  黒7が省けず、白8以降中央の戦いになります。 ただし、Aあたりの狭いハサミになると、黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石76

 白が挟まれて三々に入ってできるこの形は、黒がAにあれば黒1に対して白は手抜きはできませんが、黒がBなら手抜きも可能です。 白が手を抜いたら黒はどう攻めますか?  黒は1から3と攻めますが、白10のホウリコミが手筋で、コウになります。 しかし白にとっては大コウなので、こうなる前に手筋44のように白から先にハネ一本を利かせておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石75

 星の定石56のもとの形で、星の定石36とも関係があります。 黒Aの守りがないこの形は、シチョウ黒よしでも白1の打ち込みは成立します。 この後どうなりますか?  星の定石56でみたように、白2でケイマに打って隅での生きと出切りを見合いにする手段がありますが、ここでは白2、黒3と打った場合の進行を見てみます。 白が14と堅継ぎす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石74

 白Aの守りがないので、黒1の打ち込みは当然です。 この後どうなりますか?  白1のツギは無理で、白が取られてしまいますので、  白1のツケが手筋です。 黒Aは白4で甘くなりますので、黒は2とハネ出します。  以下16までが定石で、白は外を厚くします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石73

 この形での三々への打ち込みはよく出てきますので、変化を熟知しておく必要があります。  黒が隅と左辺を重視すれば3から5と二段バネしますが、白も反発して6から8とハネ切りします。 この時黒はE4に継ぐのではなく、星下の援軍を頼りに9とアテて11と継ぐことができます。 この後、白Aと伸びても黒Bと追いかけることができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石72

 よくできるこの形、外の黒が厚くて白がすぐおさまりたいときはどう打ちますか?  白1と下がり、もし黒が2なら白3のツケから5の切りを狙います。 こうなれば黒ツブレなので、黒4ではAに引くしかありません。  AIの影響でしょうか、最近は布石の段階で白1、3のツケバネが打たれることもあります。 例えばこんな進行が予想され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石71

 白9ではAが定石ですが、9にハネ出して11に下がってきました。 黒はどう応じますか?  黒1にコスミツケて3と継いでおけば、AとBが見合いで隅の黒は心配ありませんから、分断した白を攻めることができます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石70

 星の定石69と関連する両ガカリの基本形です。 白3が低い場合は高い場合と違って7は三々に打ちます。 白が7で9につけると2番目の図のように白が不利な変化になる恐れがあります。  黒の厚みが勝る変化です。  ただし、白が一間に高く両がかりした時は、黒がうっかり2とはねると、このように大変なことになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石69

 これも両ガカリの基本形です。 星の定石61も参考になります。 この形では白からAとBを早めに利かすことが大事です。 なお、黒8で9に押さえる手はありません。  白6のアテがある限り、黒1のハネ出しは怖くありません。 白8と二段バネすることができます。  黒Aが来たら左辺を守るか、黒1に白2と押さえます。 その後白が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石68

 これも両ガカリの基本形です。 この後どのような進行が予想されますか?  出切るとこのような戦いが予想されます。  アテ込むとこのような進行が予想されます。 黒8はAの切りも防いでいます。 黒8でBのツギなら白はAの切りを狙いながら1子を動きそうです。  シチョウが良ければ白は先に5と切る手もあり、このよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石67

 星の定石45、61と関連する両ガカリの基本形ですが、この形は黒が厚いので最近はあまり見なくなりました。  白が三々に入らずにノビた場合は、こうなります。  白がツケまで進めた場合は、黒が2とワリコめばこうなりますが、黒2では6にオサエることになりそうです。  最初に戻って、白2と黒3の交換は白が損なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石66

 星の定石3の関連形です。 この定石の場合は、白から上辺への打ち込みの急所はどこでしょうか?  白1が急所で、黒2がうまい受けですが、白は3のツケからさばきます。  黒が2と上から受ければ、白は上辺でおさまります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石65

 星の定石48の関連形です。 定石は進化するという良い例が、韓国や中国の棋士が打ち出したこのコスミつけで、A付近に自分の石があると特に効果的なようです。 黒はすぐBのハネ継ぎをす打ってもいいのですが、  すぐ1と打ち込む手もありそうです。 左辺で先手を取ってAのオサエに回れば黒悪くないかもしれません。  白がAと高く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁 星の定石64

 星の定石4の関連形です。 黒7は定石はずれですが、こんな形になりました。 ここで白が14ととんだのはうかつでした。 黒はどうとがめますか?  黒1の割り込みから3のツケで、先手で切断することができます。 もしこうなると中央の白は生きるのが大変です。  白はこの図がましかもしれませんが、まだ目はありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more