テーマ:旅行

肥薩線の旅 かわせみ やませみ

 肥薩線といえばローカル線の代表格で、いつ廃止になるかと心配した時期もあったのですが、最近は観光路線として人気があるようです。 今年運行を開始した特急「かわせみ やませみ」に乗って肥薩線を経由し、鹿児島で一泊して翌日新幹線で帰る旅に出かけました。 使ったのは、肥薩線のんびり切符という割引切符で特急を使うことができて、熊本発着で一万円ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野ヶ里歴史公園へ

 弥生時代の大規模な環濠集落である吉野ヶ里遺跡は国の特別史跡で、発見当初は邪馬台国ではないかと騒がれもしましたが、現在は広大な国営吉野ヶ里歴史公園として整備されています。 紅葉狩りの帰りに久しぶりに立ち寄ってみました。  入り口には大きな建物が建てられ、公園内には樹木が植えられ、場内は無料バスが循環するなど、昔のイメージからは大だいぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁比山神社と九年庵

 神埼市にある仁比山神社と、その隣りにある実業家伊丹弥太郎の別邸である九年庵を紅葉見物に訪れました。 九年庵は、佐賀の実業家伊丹弥太郎の別邸で、国の名勝に指定されており、春と秋に一般公開されています。 一般公開は日数が限られているせいか、大勢の観光客が訪れていました。 昔の実業家はこんな別邸を所有していたのですから、今とはスケールが違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御船山楽園へ

 武雄市にある紅葉の名所、御船山楽園へ出かけました。 もとは藩主の庭園で、国の登録記念物に指定されています。 旧藩主庭園は日本各地にありますが、ここの特徴は岩山である御船山を借景にしている点ではないでしょうか。 岩山と紅葉が池に写った景色は見事なものでした。 山もふもとにはつつじも広がっており、つつじの咲く季節も良さそうですね。  庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直島へ

 近年アートの島として有名観光地となった直島へ出かけてみました。 岡山県の宇野港からフェーリーで渡りますが、直島自体は香川県のようです。  かっては三菱の銅精錬所の島で、豊島に不法投棄された産業廃棄物の処分も行われるなど公害のイメージが強かった直島ですが、最近はベネッセと建築家安藤忠雄の施設がいくつか建設されて、すっかりアートの島とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂へ

 赤穂浪士で有名な赤穂に立ち寄りました。 赤穂城跡の近くに主な名所は集まっているようで、赤穂市立歴史博物館や赤穂大石神社を歩いて回りました。 最初の画像は赤穂市立歴史博物館で、入浜塩田と赤穂浪士に関する展示が中心でした。  赤穂大石神社  神社の隣にある大石邸長屋門、大石邸庭園も隣接しているので、この辺り全体が大石邸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適なホテル 福山ニューキャッスルホテル

 福山といえばJFEの製鉄所などがある工業都市ではあるものの、駅前に城があるこぎれいな地方都市とのイメージがありますが、その駅前に立地するのが福山ニューキャッスルホテルです。 今回初めて宿泊しましたが、とても快適に過ごすことができました。 和洋中華レストランや宴会場などを備えた総合ホテルですが、宿泊室も広く、食事も悪くなく、うれしいこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久住山を目指して

 久住2日目は、久住山登頂を目指しました。 久住山には昔長者原から登頂したことがあり、今回は牧ノ戸から登ることにしました。 最初は急で中ほどは割と楽に歩くことができました。 久住山が近づくにつれ雲行きが怪しくなってきたので、登頂はあきらめて、売店で買ったおにぎりを食べてから引き返すことにしました。 夏山は天気が変わりやすいので、今度快晴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高千穂へ

 宮崎旅行の2泊目は国民宿舎ホテル高千穂に泊まりました。 最近の国民宿舎はきれいで、食事も豪華になりましたね。 その分値段は普通の旅館と変わらなくなりましたが。  九州の東海岸をドライブしたのは久しぶりでしたが、高速道路がだいぶ整備されて便利になっていました。 ただし、途中の高鍋や日向は通過してしまう観光客が多いかもしれません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーガイアへ

 4月なかばの桜も終わりの時期に、宮崎へ2泊のドライブ旅行に出かけました。 人吉、霧島を経由して一泊目は宮崎シーガイアのシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートに泊まりました。 かってシーガイアにはオーシャンドームという開閉式屋根のプールがあったのですが、わざわざ宮崎のプールまで足を延ばす人は少なく、経営破たんの原因になったようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷美観地区へ

 大原美術館を訪ねたので、倉敷美観地区も散策してみました。 趣のある倉敷川沿いを歩くと、町屋をそのまま使った大山日ノ丸証券倉敷支店があって、株式相場の予想が黒板に書いてありました。 確か4月は下落するとあったようでした。  倉敷アイビースクエアに入ると大原美術館児島虎次郎記念館や倉紡記念館があり、昔のレンガ造りの建物がホテルや店に活用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷 大原美術館へ

 倉敷といえば大原美術館、倉敷紡績の社長を務めた大原孫三郎が、支援していた児島虎次郎を通して収集した西洋名画を展示するため開設した美術館です。 久しぶりに訪れました。 古典的な造りの本館には、エル・グレコの「受胎告知」をはじめ、モネ、ルノアール、ゴーギャンなどの西洋名画の数々が、近代的造りの分館には、青木繁、藤島武二など日本人画家の名画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山後楽園へ

 用があって岡山へ出かけたついでに、岡山市と倉敷市の観光地を訪れました。 岡山市の観光地といえば岡山後楽園、日本三名園の一つです。 ちなみに残りの二名園は、金沢の兼六園と水戸の偕楽園だそうですが、前者は納得ですが後者には異論がありそうです。  近くの岡山城は宇喜多秀家により築城されましたが、後楽園はのちに池田綱政によって造営されたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植木温泉 龍泉閣

 年末に植木温泉へ一泊旅行に出かけました。 泊まったのは龍泉閣というちょっと古い旅館ですが、夕食の料理はなかなかおいしかったです。 泉質はややアルカリ性で硫黄の匂いもしました。 周囲は田んぼですが、源泉かけ流しだそうです。  帰りに、道の駅と田原坂に立ち寄ってきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の京都へ

 12月に入るとホテルにも空きが出て値段も下がりますので、紅葉の名残を求めて京都に3泊の旅行をしてきました。 大阪伊丹空港からバスに乗り1時間ほどで京都駅に着きます。 航空券はJALのマイレージを使いました。 ところが、到着したらデジカメが壊れていたので、急きょ買い求めなくてはいけないというハプニングに見舞われました。  今回の京都は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯布院からやまなみハイウェイへ

 ホンダ太陽の工場見学の翌日は晴天で、別府から、城島高原、湯布院を経由して、やまなみハイウェイ、大観峰のルートで帰りました。 城島高原までは曲がりくねった山道ですが、やまなみハイウェイに入ると快適なドライブコースになります。 昔有料道路だったころからやまなみハイウェイと呼んでいますが、決してハイウェイではありません。 途中、九重"夢"大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城下町 杵築

 時間があったので、ホンダ太陽の工場見学の前に杵築市に行ってみました。 杵築市は松平氏3万2千石の城下町で、今でも昔の雰囲気が残っています。 久しぶりに石畳や武家屋敷を歩いてみましたが、日本人観光客は少なくて、アジア系外国人の団体が歩いていました。 別府温泉が近いので、アジア系外国人も多いのかもしれません。  現在の杵築城はコンクリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株主工場見学会 ホンダ太陽

 11月24日に、株主工場見学会でホンダ太陽の工場見学に行ってきました。 ホンダ太陽は、障害者の就業を推進した中村医師の考えに賛同した本田宗一郎さんが、ホンダの特例子会社として設立しました。 多数の障害者を雇用して自動車部品を製造していますが、黒字経営でみなさん生き生きと働いていました。 障害者の就業施設としては、共同作業所的なもので賃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草へ イルカウォッチング

 伊勢海老を食べた翌日はイルカウォッチングに出かけました。 二つの選択肢があり、一つは4号橋のふもとの松島からクルーザーで行くコース(1人四千数百円)で、これは割と立派なクルーザーで天草の西岸まで往復2時間かけて出かけます。 もう一つはイルカのいる海域近くの五和町から漁船で出かけるコース(1人二千数百円)で、波しぶきがかかりますがより近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天草へ 伊勢海老

 今がシーズンの伊勢海老が食べたくて天草へ行ってきました。 宿泊したのは4号橋のふもと松島のホテル松泉閣ろまん館です。 全体としては悪くない宿でしたが、部屋が狭めなのと、何といっても出された伊勢海老が小さい。 今まで食べた伊勢海老の中で一番小さな伊勢海老で、こんな小さなものをとっていいの?と思うほどでした。 せっかく伊勢海老のお造りが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防府天満宮へ

 岡山に用があったので、帰りに防府天満宮に立ち寄りました。 北野天満宮、太宰府天満宮と並ぶ日本三大天神といわれるであって立派な神社でした。 学問の神様といわれる菅原道真をまつる天満宮が全国各地にあることは考えてみればすごいことです。 今は工場も多いようですが、昔は防府天満宮を中心とした町だったようです。 とはいえ、駅前にイオンなどの商業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本清張記念館

 北九州市の小倉城に隣接する松本清張記念館に行ってきました。 出かけたついでに以前から訪問したかった記念館に立ち寄りました。 小倉出身(広島生まれとも)の清張の自宅は、井の頭線の浜田山と高井戸の間にあったそうで、現在は人手に渡っているようですが、記念館にはその内部の書斎、応接室、書庫などが再現されていました。  松本清張は、「点と線」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本因坊秀策囲碁記念館

 震災からさかのぼりますが、前から訪れてみたかった因島の本因坊秀策囲碁記念館に岡山に出かけた帰りに立ち寄りました。 師匠の丈和とは好対照の流麗な棋風で一世を風靡した秀策は、御城碁19戦負けなしながら、34歳の若さでコレラで亡くなってしまいました。 もし亡くならなかったらどんな棋譜を残してくれたのかと惜しまれます。 裏には生家が復元され、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆下田へ

 伊豆の下田に一泊旅行をしました。 黒船ゆかりの温泉町ですが、平日だったせいか人出は少なかったですね。 ロープウェイで寝姿山に登り、黒船の停泊したあたりを見下ろすと歴史を感じます。 街中には、開国の舞台となったお寺がいくつもありました。  泊まったのは、各室に露天風呂のあるちょっとしゃれた宿でした。  下田海中水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

垂玉温泉 山口旅館

 久しぶりに阿蘇をドライブしました。 俵山から南阿蘇を通り、内牧を経て大観峰へ行くコースです。 途中、垂玉温泉山口旅館で立ち寄り湯(600円)に浸かり、温泉気分も味わいました。 垂玉温泉は隣の地獄温泉と並んで、山道の奥にある秘湯で、いろいろと由緒いわれのある古くからの温泉です。 立ち寄り湯の場合は有名な滝の近くの露天風呂には入れませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東へ その3

 網走は刑務所以外に見どころは少ない小さな町ですが、周辺にきれいな湖や原生花園が点在しています。  これは本物の刑務所  こちらは博物館網走監獄  サロマ湖ワッカ原生花園では馬車で散策できます。  ハマナスの花は終わりに近く、赤い実がなっていました。  運が良ければこんな出会いがあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東へ その2

 知床は、ドライブも観光船も手軽に楽しむことができるようになりました。 昔来たときは道が悪くて、入り口で引き返したような気がします。  カムイワッカの滝、温泉の滝だそうです。  知床二湖  知床一湖、二湖に劣らずきれいです。  高架木道にはクマよけの電線が張り巡らしてあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東へ その1

 JALのマイレージがたまったので、女満別空港を起点に4泊で道東をドライブしました。 世界自然遺産の知床は、三十数年前に訪れた時とは比べ物にならないくらい道路や施設が整備されていて、手軽に大自然を満喫することができました。  屈斜路湖  布施明の歌を思い出す摩周湖  大鵬が少年時代を過ごした川湯温泉にある大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯の鶴温泉 鶴水荘

 湯の鶴温泉は、水俣市の山間部にある歴史のある温泉です。 700年ほど前に、鶴が湯あみしていたところから平家の落人によって発見されたそうです。 数軒の温泉宿がありますが、そのうちの一つ「鶴水荘(つるみそう)」にお世話になりました。 こじんまりとした昔からの宿ですが、モダンに改装されており、ゆっくりくつろぐことができました。 お値段も、有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯河原へ

 退職して良い点はどこにでも平日に出かれられることで、湯河原へ1泊旅行に出かけましたが、列車も宿もすいていました。   湯河原は文人墨客が滞在したことで有名ですが、町立湯河原美術館には、ゆかりの画家の作品が並んでいます。  トラベルミステリーの西村京太郎さんも住んでいるそうで、記念館がありました。  中に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more