インバース型指標連動ETF

 日経平均も1万9千円近くに達し、米国の利上げが近づくとそろそろ株価の下落も意識しなければなりません。 株価下落局面においては現金比率を上げておくのも手ですが、最近はインバース型指標連動ETFというのがあるので、これに投資するのもいいかもしれません。 これは逆インデックス投信とでもいうようなもので、インデックスが上昇すれば下落し、インデックスが下落すれば上昇するというものです。
 ETFでは日経平均インバース上場投信(1571)とTOPIXベア上場投信(1569)とがあり、前者は日経平均と逆の動きを、後者はTOPIXと逆の動きをします。 したがって、株価が好調な最近は、両者とも下落中です。 ただし、ヤフーファイナンスから引用した日経平均(青)と日経平均インバース(赤)の過去2年のチャートを見ると完全に逆の動きではなく、やや小さめの動きになっています。
 いずれにしろ、そろそろポートフォリオに加えておいてもいいかもしれませんね。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック