「ひふみ投信」の 基準価額下落について

 お客様各位にあてた表題の文書がひふみ投信のHPのお知らせにアップされており、株式市場の現状と見通しが簡単にまとめられていて参考になります。
 循環的な日本の景気悪化の影響で日本企業の業績見通しが悪化している中、世界景気の下降とシンクロしたことが株価下落の原因であり、輸出企業の来期の業績見通しはさらに暗いとみています。 また、輸出企業や銀行の株価上昇が期待薄なため、インデックスの上昇は見込みにくいとみています。ただし、極端な株式の流動性の枯渇がなければ、薬品株や食品株などの安定株や内需主体の中小型株の株価パフォーマンスはよいと予想しています。
 あくまで藤野英人さんの予想ですが、これまで実績を出している人なので、投資の参考にするのもいいかもしれません。
 TOPIX(青)とひふみ投信(赤)とさわかみファンド(緑)の過去1年のチャートをヤフーファイナンスで見ると、さわかみファンドがTOPIXと同程度に下落しているのに対して、ひふみ投信の下落はより緩やかになっています。 上昇しやすく下落しにくい銘柄選びができているということで、あやかりたいものです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック