囲碁 星の定石61

 第40期棋聖戦第3局(白;井山棋聖、黒;山下9段)でも現れたこの両ガカリの形では、最近はほとんど黒4とケイマの白石にツケるようです。 この後はどうなるでしょうか?
画像


 黒1のオサエに対して棋聖戦では白2とハネこのような形になりました。 白2でD3に伸びて、黒3、白9の形(あるいは黒3で割り継ぐ形)では白不満と見たのでしょう。 白2に対しては黒3が大事な手です。 この形、三々の白石はまだ死に切っていません。 
画像


 その後、このような形になりましたが、白は両方打って稼いだように見えます。
画像


 こんな形も定石書にはあります。
画像


 最初に戻って白が5とハネるとこの形になります。 白11を省くと黒からのC5やC8が厳しくなります。
画像


 なお、両ガカリがAのケイマで低い場合は、白2のハネに対しては黒3と押さえるのが定石のようです。 黒7のツケではAの切りもあるようです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック