バブルか? アパート融資

 今日の日経新聞によると、金融機関の不動産融資はバブル期も上回る過去最高の12兆円超えとなったそうです。 その理由としては、マイナス金利とともに2015年の相続税の課税強化があるようです。 サブプライムローンの日本版にもなりかねないとの声もあり、金融庁や日銀のかじ取りが注目されます。
 バブル崩壊の経験があるので今度は大丈夫だと思うのは、おそらく楽観的すぎで、また同じようなことが繰り返されるのではないでしょうか? このバブルが崩壊すれば、直撃を受けるのはやはり銀行と不動産業界なので、最近、特に不動産業の株価が低調な理由もこんなところにあるのかもしれません。 投資家は危険を察知して手を引いているということなんでしょうか?
 新興不動産会社には業績好調で割安に見える銘柄も多いのですが、たとえ優待目的であってもたくさんの株数は買わないよう気をつけたいと思います。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック