買ってはいけない優待株 ゼンショーホールディングス

 アベノミクスのおかげで優待株もかなり上昇し、今がチャンスとばかり利益確定を継続していますが、投資雑誌を見るとなぜか優待株をすすめる記事が目立ちます。 特に外食チェーンの優待株の場合は、優待と配当を合わせた利回りが少なくとも3%を超えて、株価も割高ではないことが買える条件のように思うのですが、今はPERが30倍や40倍のものが多くなっています。
 中でも、今買ってはいけない優待株の代表がゼンショーホールディングス(7550)でしょう。 PERは30倍を超え、PBRは4倍を超え、数年前に改悪された優待と配当を合わせても利回りは2%足らずです。 私もかっては数百株を保有していましたが、現在はすべて売却して保有株ゼロです。 最初は損切りしていたのですが、アベノミクスのおかげで多少の利益を確定できました。 株価が今の半分程度に下がり、利回りが3%を超えるようになったらまた買い戻したいと思います。 改悪されたとはいえ、使える店が多いのはメリットのように思います。

 ゼンショーホールディングスの過去10年のチャート(ヤフーファイナンスより)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック