ますます複雑化するNISA

 メリットばかりが強調されがちな少額投資非課税制度(NISA)ですが、制度が分かりにくく、使い勝手が悪いというのが個人投資家の評価ではないでしょうか? 現在のNISAに加えて、来年から「つみたてNISA」という新しい仕組みが加わるようです。 これもまた、今のNISA以上に分かりにくい仕組みのような気がします。 個人を投資に呼び込みたいが税収は下げたくないという思惑の財務省が考え出したトリッキーな仕組みのように見えますね。
 いろいろ問題点は多いようですが、まず今のNISAと併用することができない点が不便ですね。 また、非課税期間は20年と長くなるのですがロールオーバーできなくなるのも不便です。 さらに、投資対象が一部の投資信託のみで株式などは対象ではなくなるとはどういうことでしょうか?
 これからもNISAは変わっていくでしょうから、長期投資の手段としてNISAを使うのはどうなんでしょうか? もし今がアベノミクスの終盤で今後株価上昇が望み薄だとすれば、今はNISAを引き払ういいタイミングなのかもしれません。
画像

         (画像は楽天証券HPより)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック