乱高下の東京市場 騰落レシオは?

 ニューヨーク市場が高値安定しているのと対照的に、東京市場は低空飛行が続き、週末にかけて乱高下しました。 7月18日に400円を超えて下落したかと思うと翌19日には400円を超えて上昇するという不安定な相場です。 米国の長短金利差は指標次第で逆転したものもあり、株価は今後しばらく上昇してから下落に転じるのではないかと言われており、その時期は米国大統領選挙の後というのが予想されるシナリオかもしれません。
 一方で、日経平均の25日騰落シナリオを見ると、18日も19日も90%前後と比較的安定しており、買われすぎ (120%超)ではないことは当然ながら、売られ過ぎ(70%割れ)でもありません。 したがって、騰落レシオからはまだ上にも下にも動く可能性があるということですから、うかつに買いには動かないほうが良さそうです。 日本の株価は業績悪化を織り込み済みともいわれますが、ここからさらに下落するようなら、難平買いを避けるためにも騰落レシオを見ながら慎重に売買したほうが良さそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント