映画 アルキメデスの大戦

 映画「アルキメデスの大戦」を見てきました。 お盆向きの映画でした。 数学の天才が空母の重要性を唱える山本五十六に請われ、戦艦大和を建造しようとする旧日本海軍の目論見をくじこうと奮闘する姿が描かれていました。 何しろそのスーパーマンぶりがすごかったです。 あっという間に大和の設計図を書いてしまいます。 実は映画を見るまでだれかモデルが実在したものとばかり思っていました。 実在した軍人達が登場したからです。 ところが、後でネットで調べたら原作は漫画で、フィクションだそうです。 ちょっと感動が薄まってしまいましたが、星3.5ほどはありました。
 ところで、冒頭の戦闘シーンを見て思ったのですが、最近の映画はどこが実写でどこがCGか区別がつきませんね。 大変な進歩だと思いました。
1.JPG
  (画像はヤフー映画より)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント