優れもの ケンウッドのオーディオコンポ K-505

 十数年前に買ったソニーのオーディオコンポCMT-J500が、CDトレイのふたの開閉やラジオのチューニングの調子が悪くなったため、新しいコンポに買い換えました。 価格.comや近所の家電店でで調べた結果、パナソニック、ケンウッド、オンキョーのコンポを候補に選び、幅55cmほどのテレビ台に収まるものということで最もコンパクトなケンウッドのK-505に決めました。 値段は2万数千円です。
 最近のコンポはどれもそうですが、小さいのに音がいいです。 古いコンポと聴き比べると高音も低音も格段にクリアに聴こえます。 技術の進歩はすごいですね。 高いお金を払って大きなスピーカーで聞いて聴いていた時代もあったというのに。 
 ところでこのケンウッドという会社、昔はトリオという今では懐かしい社名でした。 今の正式社名はJVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社というそうですが、JVCを買収して統合したようです。 JVCも大きな会社だったように思いますが、ケンウッドがJVCを買収したようです。 サンヨーやシャープも同じですが、会社の栄枯盛衰にも驚かされました。
  
 ケンウッドのK-505(ケンウッドHPより)
画像

"優れもの ケンウッドのオーディオコンポ K-505" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント